台風でも飛行機は飛ぶ?沖縄旅行中に来てしまった場合はどうなる?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

台風シーズンの旅行は、いつもヒヤヒヤしてしまいますね(^^;

家族で沖縄に旅行に行った時、帰りの飛行機の予約を入れた日のフライトが台風で欠航になってしまったんです。

初めての経験だったので大慌てしてしまいました。

慌てないために、事前に知識を身につけておくことが大切だと思います。

飛行機が欠航になった時のチケットや宿泊の手配や費用についてまとめました。

■台風でも飛行機は飛ぶ?沖縄旅行中に来てしまったらどうする?

台風が来てるみたいだけど今のところ微妙、、、予約を入れた飛行機は飛ぶのかな?そんな時は予約を入れたエアラインのホームページの運航状況欄をチェックしましょう!

・天候調査中
・条件付き運航
・影響が見込まれる

などの表示が出ている時は手数料無料で払い戻し、あるいは振替など希望に応じてくれます。

スポンサードリンク

LCCの変更・キャンセル不可プランの場合も台風なら応じてくれます。

実際に航空会社はどのような基準に基づいて飛行機の欠航を決定するのでしょうか?

通常であれば出発地・到着地・天候・風速・雲底高度などから総合的に判断されるのですが、台風が来ると分かっている時は早目に欠航を下す航空会社が多いそうです。

■台風で飛行機が飛ばなくなった場合のチケットや宿泊の手配や費用は?

台風で飛行機が欠航になった場合のチケット手続きは、予約を入れた航空会社によって異なります。

航空会社は大きく2種類に分けられます。

FSC(フルサービスキャリア)

割高ではあるが欠航時の補償があり、チケットの払い戻しなどを無料で行う航空会社です。JALやANAなど

手続きはコールセンター、webサイト、航空会社のカウンターのいずれかで行えます。

当日はどの手段を使っても大混雑が予想されます。

後日手続きをした方がスムーズだと思います。

ただし!払い戻しと振替には期限があるので気をつけましょう。

払い戻しは、延長された有効期間満了日の翌日から起算して10日後。

振替は、延長された有効期間満了日の翌日から起算して10日後までに手続きを行い、遅延・欠航となった予約搭乗便の翌日から起算して30日、有効期間を延期し利用可能となっています。

LCC(ローコストキャリア)

サービスを簡素化することで格安料金を実現させている航空会社です。

台風による欠航の場合は、払い戻しや振替に無料で応じてくれます。ピーチやバニラエアなど

LCCは航空会社により払い戻しと振替の期限が異なるため、コールセンターやwebサイトでの確認が必要になります。

台風で帰りの便が欠航になった場合、もう1点気になることがあります。

帰れなくなるので宿泊しないといけませんよね。

宿泊については航空会社は補償をしてくれません。

自分で宿泊施設に予約を入れ自腹で払うことになります。

空港の周辺には宿泊施設が多いため宿泊できないで困った、という事態にはならないと思います。

■さいごに

いかがでしたか?

今年は特に台風が多くなるとのニュースが流れていました(^^;

万一に備えて宿泊代など余分に準備しておいた方がよさそうですね!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする