朝すっきり目覚める方法!気合いいらず!?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

睡眠時間が足りなかったり疲れが取れていなかったりと、

朝起きるのがつらいと感じる人って多いですよね^^;

それでも、朝きちんと起きなければ学校や会社に遅刻してしまいます、、、

なんとかしてすっきりと目覚めたいものですが、そんな方法ってあるのでしょうか?

そんな、気になる朝すっきり目覚める方法をご紹介いたします!

■早起きが苦手でも朝すっきり目覚める方法は?

朝すっきり目覚める為に、起きた時にできる方法をご紹介いたします。

・日の光を浴びる。
・手足を伸ばして伸びをし、大きくゆっくり呼吸をする。
・枕元に好きなものを置いて、起きたときのモチベーションを上げる。
・好きな曲を聴く。

朝すっきり目覚める為には、体を温めたりしっかり酸素を取り入れたりして脳を起こす必要があります。

また、朝起きられないのは、プレッシャーやストレスが原因の可能性もあります。

無意識に起きたくないと思っているのかもしれません。
そういう時は、とにかく大好きな事をしましょう!

そして、朝早く起きる事を徐々に慣らして日々の習慣にするのもいいでしょう^^

■朝すっきり目覚める為に気をつけたい事

朝すっきり目覚める為に気をつける事は、寝る前の行動です。
その為に、寝る前にしてはいけない事をまとめてみました。

1. 運動をしない

「運動をしたら、疲れて眠れるのでは?」と思われがちですが、

実は寝る前に運動をすることは、逆効果なのです。

軽いストレッチは大丈夫ですが、ジョギングのような激しい運動は体温が上がったり、

神経が興奮してしまったりと、睡眠の妨げになってしまいます。

2. 食事をしない

寝る3時間前までに夕飯を済ませておく、という話を聞いたことはありませんか?
寝る前に食事をしてしまうと、胃が活発になってなかなか寝ることができません。

仕事が遅くなりどうしても寝る直前になってしまうという人は、

できるだけ消化の良いものを食べるようにしましょう!

スポンサードリンク

3. カフェインを取らない

カフェインは刺激物で覚醒作用がある為、

寝る前にカフェインを含むものを摂取してはいけません。

カフェインと言えばコーヒーを思い浮かべるかもしれませんが、

緑茶や紅茶などにも含まれているので、気をつけて下さい。

4. 液晶画面を見ない

テレビ・スマホ・パソコンの液晶画面は、

ブルーライトという寝つきを悪くする光を出しています。

脳が興奮してしまいしっかり眠ることができなくなります。
使用する場合でも、寝る1時間前までにしておきましょう^^

■まとめ

早起きが苦手でも朝すっきり目覚める方法は、

日の光を浴びる事、手足を伸ばして伸びをし大きくゆっくり呼吸をする事、枕元に好きなものを置いて起きたときのモチベーションを上げる事、好きな曲を聴く事などが挙げられます。

また、朝すっきり目覚める為に気をつけたい事は、寝る前の行動です。

寝る前に運動をしない、食事をしない、カフェインを取らない、

液晶画面を見ないという事に気をつけるだけで、睡眠の質を高める事ができますよ^^

こちらもどうぞ♪

必ず起きる方法!朝が弱い人、決めた時間に絶対に起きたい人にオススメの方法は?
簡単実践!睡眠の質を上げる方法と逆にやってはいけない事!
睡眠の質を高める方法!睡眠時間はそのままに睡眠の質を向上させるには?

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする