歯ぎしりを治す方法は?睡眠中のでも治せる?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

起きたときに顎が痛い、口の周りに違和感があるといったことはありませんか?

もしかしたら睡眠中に歯ぎしりをしているかもしれません。

本人は気付いていなくても、歯ぎしりの音で周りが気付くこともありますね。

歯ぎしりは顎に非常に負担がかかり、歯ぎしりが原因で顎関節症を起こしてしまうこともあるのです。

でも、睡眠中の無意識に行っていることを治すことってできるのでしょうか?

そんな、気になる歯ぎしりを治す方法をご紹介いたします!

■歯ぎしりを治す方法でオススメなのは?

歯ぎしりの原因として多いのが、噛み合わせの悪さやストレスです。

一般的に歯ぎしりを治す方法としては、スプリント療法といってマウスピースを使った治療方法があります。

マウスピースを使うことで噛み合わせを調整し、歯ぎしりを抑えて顎への負担を減らすことができます。

ただし、自分の歯型に合った専用のマウスピースが必要なので、歯医者さんと相談する必要があります。

もし、病院に行く時間がなく自宅で何か対策ができないかと考えている人がいるなら、自宅でできる対処法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

歯ぎしりに効果的な方法として、まず枕や寝方を改善することです。

枕を高くせず、横向きやうつ伏せで寝ないように仰向けで寝るようにします。

また、睡眠中に歯ぎしりをしている人は、普段の行動の中でも歯ぎしりをしている可能性もあるので、気が付いたらすぐやめるように心がけることです。

上の歯と下の歯を合わせないように意識し、頬の力を抜いてください。

他にも、ストレスを溜めないこと、リラックスをすること、過度の飲酒を控えることなど、少しの心がけや意識の違いで歯ぎしりを治すことができます。

■睡眠中の歯ぎしりを治すのは、簡単には出来ない?

歯ぎしりを治す方法としていくつかご紹介しましたが、睡眠中の歯ぎしりを治すことは簡単なことではありません。

歯医者さんと相談するにしても、自宅でできることをするにしても、時間がかかります。

歯ぎしりは一種の癖なので、普段から意識するようにしても、なかなか無意識では治らないものです。

ただ、すぐに治らないからといって諦めないでください。

継続して根気強く行うことが歯ぎしりを治すコツとも言えるでしょう。

■まとめ

歯ぎしりを治す方法としては、歯医者さんと相談して自分専用のマウスピースを作り、噛み合わせを調整することです。

歯ぎしりを抑えて顎への負担を減らすことができるので、一番オススメする方法です。

他にも自宅でできる方法として、枕や寝方を改善すること、普段から歯ぎしりをしないように心がけること、ストレスを溜めずリラックスすること、飲酒を控えることなどがあります。

また、睡眠中の歯ぎしりを治すのは簡単にはできるものではありません。

継続して根気強く治すことが大切なのです。

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする