喉の痛みと咳が治らない!?速効で治すには?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

風邪を引いて熱や鼻水はおさまったけど、喉の痛みと咳が治らない、、、、熱・鼻水がおさまっても、喉の痛みや咳がある時は、喉がまだ炎症を起こしている状態です。

このような場合、風邪からの回復が始まっているサインではありますが、喉の痛みや咳もおさまってくれないと、ツライですよね^^;

今回は、喉の痛みや咳を早く治すために、今すぐできる対処法についてまとめました!

■喉の痛みと咳が治らない!?速効で治す方法

ケース別に、喉の痛みと咳に効く方法をご紹介します。

【蓄膿症が原因】
蓄膿症が原因で、咳が長引いている時があります。

鼻の空洞にたまった鼻水や膿が、風邪で弱っている喉におりてくると咳が出ます。

蓄膿症が原因の時は、鼻うがいがおすすめです。

スポンサードリンク

鼻うがいには2種類あります。鼻から入れ鼻から出すタイプと、鼻から入れ口から出すタイプです。

後者のタイプを選んでくださいね。「ハナノアa」がおすすめです^^

【部屋の乾燥が原因】
乾燥は喉の痛みや咳に大きく関係しています。

部屋に湿度計はありますか?理想とする湿度は夏は55~65%ぐらいで、冬は45~60%ぐらいです。

湿度が高すぎると、部屋にカビがはえるおそれがあるため60%を目安に加湿しましょう。

加湿器にカビがはえていると、カビを部屋中に撒き散らすことになるため、使う前には掃除をしておきましょう。

また、夜寝るときにマスクをつけるのも効果があります。市販の濡れマスクだと更に良いです^^

■こんな行動してない?喉の痛みと咳が悪化する原因

生活習慣が喉の痛みと咳を悪化させていることもあります。

下記のような生活習慣は、喉に刺激を与えます。

風邪の治りかけは喉が痛んでいる状態なので特に注意が必要です。

・咳が出ている時は牛乳を控える。

風邪によさそうな牛乳ですが、咳が出ている時は痰が絡みやすくなり余計に咳が出ます。
その他、オレンジジュースや炭酸飲料も、咳が出ている時には控えたい飲み物です。

・喉に刺激を与えるものを控える。

熱すぎるまたは冷たすぎる飲み物。辛い食べ物。喫煙や飲酒などの習慣は、喉に刺激を与え続けるため風邪の治りかけは要注意です。

■さいごに

いかがでしたか?

風邪が治ったと感じてからも1週間くらいは喉の痛みや咳が続くこともあります。

ただし、食べ物を飲み込みにくい、喉がつかえていると感じる時は、風邪が原因でない場合もあります。

喉に違和感がある時には、早目に病院受診をおすすめします!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする