車酔いからの頭痛の治し方は?予防法はある?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

車酔いは車の揺れや、スピードの加減速が原因で自律神経が乱れることで起きます。

吐き気や嘔吐だけが車酔いの症状ではありません。頭痛や冷や汗、顔面蒼白なども車酔いの症状なんですよ^^;

今回は、車酔いで頭痛が起きた時の即効性のある治し方や、車酔いの予防法についてまとめました。連休を利用して、車での長距離移動を考えている方に参考にして欲しいです^^

■すぐに効く?!車酔いからの頭痛の治し方!

車酔いには、三半規管と車内や排気ガスの匂いが大きく関係しています。

また寝不足や、車内で本やスマホを見ることで起きる場合もあります。
私の場合は車内の匂いに酔うため、窓を開ければ車酔いはしません。

三半規管が原因で車酔いをする場合、身体の中では2つの異常事態が起きています。
三半規管とは耳の中にあり、視覚と平衡感覚をコントロールする働きがあります。

まず、景色のスピードの速さに目が追い付かず、脳が錯乱状態になります。
もう1つは、揺れることで三半規管の働きが悪くなりめまいを起こします。

スポンサードリンク

この異常事態により自律神経が乱れ、嘔吐・吐き気・めまい・頭痛・冷や汗などの不快な症状が現れます。

簡単に頭痛を治すのに役立つアイテムは炭酸水です。

炭酸水には自律神経を整える働きがあるんですよ。逆に、柑橘系や乳酸飲料は、車酔いの症状を起こしやすくするためNGドリンクです。

この他にはツボ押しがおすすめです。内関というツボは吐き気や頭痛に効果があると言われています。

手のひらを上にし、手首のシワから指2本分のところにあります。
心地よいと感じる強さでリズミカルにツボをおしましょう^^

■車酔いしない予防法は?

車酔いは、前日に準備することで予防することができます。

車に酔いやすい人は、水なしで飲めるタイプの車酔い止めを薬局で購入しておきましょう。
車酔いしてからでも効果があるものがベストです^^

また、前日に睡眠を十分にとることも大切です。
寝不足で乗車するといつもより車酔いしやすくなるからです。

この他に、車酔いする前に窓を開けたり、車に乗っている時は本を読んだりスマホは見ない!これらのことをしっかり積み重ねるだけで車酔いの予防になります^^

■さいごに

いかがでしたか?

私は子供の頃から乗り物酔いしやすく、小学生の時は修学旅行や社会見学で乗るバスの窓を開けられるか開けられないかで、前の日に考えすぎて眠れなかったこともあります^^;

考えすぎると余計に車酔いしやすくなります。

前日にできる限りの準備を整えたら、なるべく早めに就寝しリラックスした気持ちで乗車しましょう^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする