口内炎の原因はビタミン不足以外にもある!?勘違いしやすい認識とは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

口内炎ができると、食事のとき口の中が痛いし、

食事をしていなくても気になったりして気持ち悪いですよね^^;

口内炎の原因はビタミン不足というのをよく聞くと思うのですが、

実はビタミン不足以外にもあるようなのです。

では、口内炎の原因には何があるのか具体的に見ていきましょう。

■口内炎の原因がビタミン不足の場合

まず、口内炎の原因がビタミン不足の場合、

特にビタミンB群が不足していることが考えられます。

ビタミンB群は皮膚や粘膜の代謝に大きく関わっていたり、

炎症を防いでくれる役割をしたりするので、

ビタミンB群が不足していると口内炎になりやすいのです。

ビタミンB群の中でも、主にビタミンB2やB3が口内炎に大きく関わっています。

また、ビタミンB6は直接的な関わりはないのですが、

免疫力に関わるビタミンなので口の中の細菌に影響します。

不規則な生活や食生活の乱れ、外食したり加工品を食べたりすることが多くなると、

どうしてもビタミンを摂取することが減ってしまいます。

ただ、そうと分かってはいても、

すぐに変えることなんてなかなかできないですよね、、^^;

完全に食生活を変えるのではなく、

普段の生活の中で、少しでも多くビタミンを取れる食品を食べることから始めてみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

■原因がビタミンではない場合もある

口内炎は、ビタミン不足だけが原因ではありません。

他に考えられる原因としては、口の中が乾燥している、

ストレスによる免疫低下、細菌やウイルスによる口腔感染、

病気や薬の服用、歯磨き剤が合っていないなど、様々なことが挙げられます。

食生活に問題なくしっかりビタミンを摂取していても、

原因がビタミン以外だと、ただビタミンを摂取するだけでは意味がありません。

特に口内の乾燥は、口内炎だけでなく他の病気にもなりやすくなります。

口呼吸や喫煙、加齢やストレスなど、口内の唾液の量が減ることで乾燥し、

細菌が繁殖しやすくなるのです。

■まとめ

口内炎の原因がビタミン不足の場合、

ビタミンB群が不足していることが考えられます。

直接関係しているのはビタミンB2やB3、

間接的にビタミンB6も関わっています。

また、口内炎の原因がビタミンではない場合、口の中が乾燥している、

ストレスによる免疫低下、細菌やウイルスによる口腔感染、

病気や薬の服用、歯磨き剤が合っていないなどが考えられます。

原因によって対処方法も変わってくるので、

普段の生活を見直し、何が原因なのかをしっかり見つけることが大切ですね!

こちらもどうぞ^^

口内炎ができやすい原因は?何度も舌にできるのは何故?

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする