ネクタイの結び方!簡単にサクッと綺麗に締める方法は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

ネクタイの結び方が全然分からない…

自分1人でサクッと簡単・綺麗に締める方法が知りたい。就活中でこれからネクタイを締める機会が増える就活生の皆さん。これを覚えておくとささっと素早く見映えよくネクタイを締めることができますよ^^

もうネクタイを締める時にもたもた、イライラしたくない人は必見です!

就活生ネクタイの結び方NGもまとめましたのでご覧ください^^

■ネクタイの結び方で簡単に出来る方法

ネクタイの両端は幅が違いますよね。

幅の広い方を大剣、細い方を小剣と呼びます。

右利きの人は大剣を左側に、左利きの人は右側になるように首にかけると結びやすいです。

(利き手の反対側に大剣がくるようにする)

ネクタイの結び方で1番簡単なのが『プレーンノット』です。

プレーンノットは、最もシンプルな結び方なので、ネクタイへのダメージも少ないです。

結び目が小さ目の三角形でスッキリとしたラインになるため、

新人らしいフレッシュな印象を与えます。右利きの人で結び方を説明しますね。

①小剣を右側、大剣を左側になるように首にかける。
②大剣が小剣の上になるように交差させる。
③大剣を小剣の回りをぐるりと回し喉元から大剣を出しループに差し込む。

さて、このプレーンノットの結び方ですが、

ちょっとコツを押さえることでより見映えがよくなります。

見映えがよい、よくないを決めるポイントは、

・綺麗な三角形が作れているか

・ネクタイの長さのバランスが良いか

綺麗な三角形を作るためにはある程度形が出来たら形を整え、

きつめに締め上げることで、綺麗な三角形を作ることができます。

ネクタイの長さは、大剣の方がベルトのバックルにかかるくらいがバランス良く見えます。

身長が170cmくらいだとちょうど大剣と小剣の長さが同じくらいになるそうです。

それ以上、身長が高い人や低い人は、鏡を見て大剣がベルトにかかるくらいに調整しながら形を作りましょう。

■やってはいけないネクタイの結び方ってある?

やってはいけないNGネクタイの結び方には次の2つがあります。

・個性が強そうに見えるもの

・だらしなく見えるもの

就職の面接では、面接官が見る服装のポイントはネクタイになるそうです。

スーツや靴、時計はけっこう定番のものを選ぶ就活生が多く、

1番個性が出るのがネクタイ選びや結び方とのことです。

企業は、協調性を重視するため個性的すぎる結び方をしていると、

『この人物は周りの人とうまくやっていけるのだろうか』と思われてしまいます。

スポンサードリンク

ファッション面から見たらおしゃれと言われている小剣の方を長くする結び方も、

面接の場においてはNGです。

三角形の部分が極端に小さくなっている結び方も良い印象は与えません。

喉元のところで綺麗な三角形が出来ていないと、

だらしない印象を与えてしまいますので注意してくださいね^^;

■さいごに

いかがでしたか?

プレーンノットの結び方は、ネクタイ結びの基本となるものです。

基本をしっかり押さえたら、少しずついろいろな結び方を身につけていくと良いかなと思います。

結婚式やパーティー向けの華やかな結び方も基本がささっと出来るようになると、

習得が早いと思います。

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする