七夕のストーリーを簡単に子供向けに伝えたい!ポイントは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

7月7日といえば皆さんご存知の七夕ですね^^

七夕のストーリーには織姫と彦星の話がありますが、この話を全部知っている人って案外少ないのです。

もし七夕のストーリーを子供に伝えたい場合どうしますか?
今回は、七夕のストーリーを子供向けに伝える時のポイントをご紹介します^^

■七夕のストーリーを子供向けに簡単に伝えるには?

そもそも七夕のストーリーとはどういうものなのでしょうか?

織姫と彦星という名前は知っていても、ストーリー自体をあまり知らないという人もいると思います。

子供向けに伝える前に、七夕のストーリーを簡単にご紹介いたします。

七夕のストーリーは、天の川の近くに住んでいる神様たちの話です。
神様には織姫という働き者の美しい娘がいました。機織りが上手な娘で毎日神様たちの着るものを作っていました。

その織姫も結婚する年齢となり、天の川の川岸で牛飼いをしていた彦星と会わせる事にしたのです。

二人はとても気が合い恋に落ち、めでたく夫婦となりました。

スポンサードリンク

しかし、あまりに仲が良く毎日毎日仕事もせずに遊ぶようになってしまったのです。

このことに怒った神様は、二人を天の川の端と端に引き離してしまいました。
とても深く悲しむ織姫を見て、神様は、一年に一度だけ二人が会うことを許したのです。

その日が7月7日というわけです。

これを境に、二人は心を入れ替えて仕事に励むようになりました。

このストーリーには、実は教訓があります。

・働かない人は怒られて好きな人と一緒にいられなくなるという事。
・一生懸命働いたら離れてもまた会えるようになるという事。

七夕のストーリーを子供向けに伝える場合、この2つの点をしっかり伝えるといいでしょう^^

■どうして七夕に、竹に短冊をかけて願い事をするの?

ちなみに、どうして竹に短冊をかけて願い事をするのでしょうか?

これには2つのポイントがあります^^

・中国の行事「乞巧奠 (きこうでん)」がルーツ

・日本では竹が神聖なものとされていた

(中国の行事「乞巧奠 (きこうでん)」がルーツ)

中国では、7月7日に、裁縫や機織りの上達を願う乞巧奠 (きこうでん)という風習がありました。それが奈良時代に日本に伝わったと言われています。

この乞巧奠 (きこうでん)が発展し、7月7日は「願い事をする日」となったそうです。

(日本では竹が神聖なものとされていた)

古来、日本では神事などの神聖な行事では、竹が使用されていました。
竹特有の力強くまっすぐ伸びるさまが、昔の日本人に神様を連想させたのでしょう^^

上記が組み合わさって【7月7日は竹に短冊をかけて願い事をする日】となったのです^^

■七夕のストーリーって、本当は子供向けではない?

七夕のストーリーを簡単にご紹介しましたが、もっと詳しくご紹介する場合、実は少し子供には説明できないような内容になるのです。

・織姫が結婚するのは年頃になったからという理由ではなく、毎日機織りしてばかりで男性の影がなく、このままでは結婚ができなくなってしまう、と神様が嘆いたからだという事。

・織姫と彦星が結婚した理由は、二人が恋に落ちたというよりは神様が勝手に決めてしまったからだという事。

・二人が毎日遊んでばかりで仕事をしなくなった後、神様はそのことに怒ったのではなく、二人の仕事が滞った為に周りが迷惑し、神様が信頼を失ってしまう事態になってしまったからだという事。

七夕のストーリーにはこういった子供向けではない裏話もあります^^;

子供に伝える時にはできるだけ省き、簡単にした方がいいですね!

■まとめ

七夕のストーリーを子供向けに伝えるポイントは、

・働かない人は怒られて好きな人と一緒にいられなくなるという事。
・一生懸命働いたら離れてもまた会えるようになるという事。

この2つの教訓をしっかりと伝える事です。

また、七夕のストーリーにはあまり子供には伝えられない裏話もあります。
簡単に伝える分には問題ないので、子供が分かるように聞かせてあげるといいでしょう^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする