菱餅の白い色は何を表している?他の色との関係や重ねる順番は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

桃の節句を彩る菱餅(*^^)ピンクに、よもぎ色に白と、色合いも可愛らしく女の子の節句にぴったりですね。

ところで菱餅の色は基本的に3色ですが色の意味や重ねる順番に決まりはあるのでしょうか? また、食べ方にも決まりがあるのでしょうか?

今回は菱餅をテーマに気になる疑問を解消したいと思います。

■菱餅の白い色は何を表している?他の色との関係は?

菱餅は桃の節句に食べる縁起の良い食べ物とされています。

白・緑・ピンク(紅)のそれぞれの色には、異なる意味が込められています。

また、それぞれに異なる、身体に良い食材が使われています(・ิω・ิ)

白には菱の実が使われており「浄化」の意味が込められています。
邪気を払う節句の食べ物としてふさわしいですね。

ピンク(紅)は厄を払う意味が込められています。
還暦祝いで赤いちゃんちゃんこを着るのはそのためです。また、ピンクの餅部分には解毒作用のあるクチナシの実が使われています。

そして、緑は長寿や健康でありますようにとの願いが込められています。

よもぎは、血行を良くする働きがあり、ハーブの女王と呼ばれるほどの万能ぶりです。なので、長寿や健康を願う食べ物としてぴったりです^^

■菱餅を重ねる順番や食べ方にきまりはある?

スポンサードリンク

菱餅は下から緑→白→ピンクと重なっています。重ねる順番にも何かしらの意味が込められているのでしょうか?

実はこの順番にも意味があります。 緑と白で大地の上に雪が積もっている様子を表しています。

緑は大地に生えた背の低い植物を指しているのでしょう(*^^)そして、雪を表す白の上に重ねられたピンクは桃の花を表しています。

なんとも春らしい情景ですね(*^^)今まで菱餅の色の順番を覚えられなかったのですが、これでバッチリ覚えることができました。

小さなお子さんにもこの話をしてあげると、菱餅の色の順番を覚えてくれると思います。

菱餅はそのままでも美味しく食べられそうな雰囲気ですが、基本的には鏡餅と同じです。

焼いてから端からちぎって食べると角が立たずに丸く生きられるとの言い伝えがあるようです。

なお食べる方法には特に決まったルールはないので、好みの大きさに切って焼いてから食べてOKです^^

ちなみに、菱餅で雛あられが作れるってご存じでしたか?菱餅は色ごとに分けて適当な大きさにカットします。

後は油で揚げて砂糖をまぶせば美味しい雛あられの出来上がりです。我が家では油で揚げずフライパンで炒めてお砂糖をまぶして食べています♪

■さいごに

いかがでしたか?

菱餅には1色ごとに願いが込められています。それぞれに身体に良い食材が使われています。

桃の節句には焼いてからちぎって皆で美味しくいただきましょう^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする