トイレのつまりが重曹で解決出来るのは何故?スムーズに解消するには?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

トイレが詰まった時にラバーカップを使うのが苦手な人いませんか?上手くできないし、水が飛んでくることも^^;

もっと簡単にトイレのつまりを解消したい!そんな人におすすめしたいのがお湯と重曹とお酢のトリプル攻撃です。

何故お湯と重曹、お酢でトイレのつまりが解消できるのか?正しいやり方について分かりやすくまとめました!

なお、この方法はとてもおすすめなのですが、詰まっているものが何かで重曹を使わない方が良い場合もあります。その場合の対処法についてもご紹介します^^

■トイレのつまりが重曹で解決出来るのはどうして?つまりの原因や正しいやり方は?

重曹でトイレのつまりが解決できるのは、詰まったものがトイレットペーパーあるいは排泄物の時に限ります。

重曹とお酢を混ぜるとブクブクと小さな泡が発生します。この泡の正体は二酸化炭素です。お湯と二酸化炭素の泡はトイレットペーパーや排泄物を分解する働きを持っています。1時間もあればたいていのつまりは解消することができます。

正しい手順で時間もしっかり計測することが上手くいくコツです。

① 準備する物
40度くらいのお湯
重曹50ml
お酢100ml

※温度が高すぎるとトイレ自体にダメージを与えます。熱すぎない程度のお湯をバケツに入れておきましょう。

スポンサードリンク

②便器内の水位を下げる
便器内の水をできるだけ外に出しておきます。灯油を汲み上げるポンプがあると楽です。

③入れる順番を間違えないように!
重曹→お酢→お湯を便器内部の半分になるくらいまで注ぎます。

④1時間そのままにし流します。
小さな泡がブクブク発生します。その後1時間程度は放置して、詰まった物を分解させます。

■トイレのつまりに重曹を使わない方が良いときもある?重曹以外で解決する方法は?

この方法で上手くいくのは基本的に水に溶けるものです。

水に溶けない紙やその他子供のおもちゃを誤って落としてしまった場合、お湯と重曹・お酢の力ではどんなに長く待っても溶かすことはできません、、、、それどころか水を何度も流すと異物をどんどん奥に追いやってしまいます。

異物が詰まってしまった場合は、専門業者に依頼のが1番です。深刻化するほど修理費用が高くついてしまいます。

メガネやスマホなどをうっかり落としてそのまま流してしまった場合は、ラバーカップでガシガシやったり水を何度も流すという行為は深刻化するだけなのでおすすめしません^^;

■さいごに

いかがでしたか?

異物を落としてそのまま流すというのはあまりなさそうですよね。トイレのつまりでやはり1番多いのは、トイレットペーパーを使いすぎた時ではないかと思います。

その時にはお湯と重曹、お酢のトリプル攻撃が効果的です♪ぜひお試しください^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする