燻製卵の作り方!失敗しらずで簡単にできるコツは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

最近、家で簡単に作れる『くんたま』(燻製卵)が話題になっています。

失敗しらずの燻製卵の作り方をご紹介します^^

燻製専用の調理器具は不要です。淡白なゆで卵が味わい深い燻製卵に簡単に変身します♪

半熟くんたまや、殻付きくんたまのアレンジもご紹介します。これであなたも今日からくんたま通??

■燻製卵の作り方!簡単にできるコツ

美味しい燻製卵を作るためには、ツルツルの綺麗なゆで卵作りからスタートします。

規定時間茹でて水につけても、殻が上手くむけずに表面がガタガタしたり、茹でている時にひびが入って、そこから白身がはみ出したり、、、と、ゆで卵作りって思った以上に難しいんですよね^^;

綺麗なゆで卵を作るにはコツがいります。

(固茹で卵の作り方)

①卵は冷蔵庫から取り出してすぐに茹で始めない。

→すぐに茹でると、温度差でひびが入りやすくなったり、皮と白身がくっついて殻がきれいに剥けない原因になります。しばらく常温においておきましょう。

②卵の殻に画ビョウで穴を開ける。

→茹でている時に、皮と白身の間に水分が入りきれいに殻を剥くことができます。

③水から茹でずに、沸騰したお湯にお玉で静かに卵を入れる。

④規定時間茹でたら冷水にとり完全に卵が冷えてから殻を剥きます。

しっかり火が通った固茹で卵を作る場合は
、沸騰してから13分が目安です。

さて、ツルツルのゆで卵ができたらいよいよ燻製卵を作ります。

(簡単くんたまレシピ)

・卵6個
・焼きそばの粉末ソース半袋
・3倍濃縮めんつゆ100cc

ジップロックに材料を入れ、片面ずつ調味料をなじませていきます。

スポンサードリンク

しっかりと茶色の色がついたら完成です!

焼きそばの粉末ソースと、めんつゆで燻製の味を再現する方法はテレビでも紹介されました。

■燻製卵を半熟や殻付きで作りたい時は?

燻製卵をチップを使って作る方法もあります。

この方法だと殻付きの燻製卵を作ることができますが、ちょっと手間はかかります^^;

チップを使って作る殻付き燻製卵のレシピをご紹介します。

・卵6個
・漬け込み液(水1リットル
・塩100g
・砂糖10g
・鷹の爪2本
・ローリエ4枚

漬け込み液は、1度煮立たせて常温で冷まします。

卵はきれいに洗い、水気をふきとっておきます。

味が染み込みやすくするため、たまごに画ビョウで穴を開けておきます。

ジップロックに漬け込み液と卵を入れ、冷蔵庫で1週間保管します。

茹でる前にひび割れを防ぐために常温に置いておきます。

漬け込み液に水を足し鍋で沸騰させたら卵をそっといれ13分間茹でます。

ゆで卵を取り出して水気をふきとります。

さきほど使った茹で汁を冷まし、再びジップロックに入れ1日味をつけます。

取り出したら水気をよくふきとり、金網に並べ弱火で2時間スモークチップを使って燻すと殻付きのくんたまが完成します。

半熟のくんたまを作りたい時は、沸騰してから約6分が目安になります。

■さいごに

いかがでしたか?
燻製卵は味わい深い1品です。

燻製もどきだと焼きそば粉末ソースと、めんつゆにつけるだけで超らくらく調理ができます。

もうちょっとこだわって作りたい場合は、チップを使って作成してみてください。

手間暇をかけた分、より美味しくなると思います^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする