早炊きの時間は1合~3合の少なめだと早い?普通炊きとの違いは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

私はせっかちなので以前は早炊きモードにしてご飯を炊くことが多かったです。30分くらいで炊けるので、ご飯を炊き忘れた時にも助かりますよね(>д<)

さて気になる味についてですが、早炊きはまずいと一部で噂になっているようです。早炊きモードにするとご飯が固めに炊き上がるので、固めが好きな私にはピッタリなんですが、、、この固さがまずいに思えるのかもしれません^^;

また、味以外にも、電気代の違いも気になります。早く炊けるから電気代も安くなるだろうなと感じていたのですが、調べてみると逆でした( ´-ω-) なおで、今は普通に炊いています。笑

今回は早炊きと普通に炊いた時の炊き上がるまでの時間や味、電気代などの違いについてご紹介します^^

■早炊きの時間はどれぐらい?1合~3合の少なめだとかなり早い?

お腹がぺこぺこでご飯を炊き忘れた時のショックは相当なものです。

そんな時の救世主が早炊きモードです。炊飯器のメーカーや種類によって若干違いはありますが、一般的に普通に炊いた時は1時間くらい、早炊きモードだとその半分くらいでご飯が炊き上がります。30分くらいならなんとか待てそうですね。

「ご飯の量が1合~3合ぐらいなら、さらに時間を短縮できそう!」と思えるのですが、米の分量が少なくても多くても炊き上がる時間は同じのようです。

そう考えると、1食分だけ早炊きするのではなく、少し多めに炊いておき、冷凍ご飯にしてストックしておくのが賢い選択でしょう^^

■早炊きするとまずい?普通炊きと比べると電気代は安くなる?

スポンサードリンク

早炊きすると普通に炊くよりも固めに炊き上がります。固めが苦手な人はまずいと感じるのだと思います。

普通に炊いた場合、炊飯器がふつふついいだすまでにかなり時間がかかります。炊飯スイッチを入れてもすぐには水温は上がりません。

水温をゆっくりゆっくり上げることで、白米に水分を吸収させているのです。早炊きモードではこの過程にかける時間もかなり短縮されます。そのため早炊きするとご飯が固めに炊き上がってしまうというわけです。固めが好きな人や、ちらし寿司を作りたい時にピッタリのモードですね^^

ただし、早炊きモードにする時は注意点があります。早炊きすると半分の時間で炊けるため電気代がかなり節約できる!?と勘違いしそうですが、実は熱量を多く使うため普通に炊いた時よりも電気代がかかってしまいます。

なので、強いてまで早炊きする必要がない場合は、普通炊きで炊くのがオススメです^^

■さいごに

いかがでしたか?

早炊きモードはご飯を炊き忘れた時には重宝しますが、安易に早炊きモードばかりを利用すると電気代が高くなってしまいます。

早炊きモードで炊いた固めのご飯が好きな人は注意しなければなりませんね^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする