たけのこのあく抜きを簡単にする方法

記事タイトル真下
スポンサードリンク

おぼろげな記憶ながら、昔、母が大きな鍋でたけのこを、
半日以上かけてあく抜きしていたのを覚えています。

かなり大変な台所仕事だと思って見ていたのですが、
その後、料理上手な知人から簡単にできるあく抜きの方法をいろいろ教えてもらい、
前より楽にできるようになりました。

そのとっておきの方法を紹介したいと思います^^

■たけのこあく抜きを簡単にするには米がポイント?圧力鍋も必要?

身近にあるものを使ってもっと短時間であく抜きができたら、
もっと気軽にたけのこ料理に挑戦できますね。

時短を狙うなら大根を使ったあく抜きか、米と圧力鍋を使った方法がおすすめです。
何時間も煮込まなくてよいのにちゃんとえぐみを取り除くことができます。

【圧力鍋を使う方法】

たけのこの先端を切り下ろし、皮をむきます。
たけのこを適当な大きさに切り、一握りの生米とともに圧力鍋に入れます。

ひたひたになるように水をいれ火にかけます。

最大圧力がかかったら弱火にして10分程度茹でます。

その後、火をとめ冷えるまで放置します。

【大根を使う方法】

大根をよく洗い、皮つきのまま半分くらいすりおろします。
清潔なふきんで大根の汁を絞り出します。

汁を同量の水で薄め、塩を小さじ1加えます。皮をむき先端を切り下ろし、
適当に切ったたけのこを1~2時間つけておくとあくが抜けます。

さらに数分間茹でるとさらにあくが抜けます。

茹で時間が短いため、たけのこのしゃきしゃき感が損なわれません。

【糠と唐辛子を使ったあく抜きの方法】
糠 1カップ
唐辛子1~2本

(ぬかの臭みを取り除きます)
皮を2~3枚はがし先端を切り下ろしたたけのこを鍋にいれ、

ひたひたになるまで水を注ぎます。

糠を被るくらいいれ、唐辛子をいれます。

初めは強火で沸騰し始めたら落し蓋をし弱火で2時間弱煮込みます。
様子を見ながら途中で水を足してください。

茹で上がったらそのまま冷めるまで放置します。

スポンサードリンク

■やってはいけないたけのこのあく抜き方法もある?

従来の糠(ぬか)と唐辛子を使ってあく抜きをした場合、
あることが原因であく抜きがうまくいかず失敗してしまうそうなんです。

レシピ通りにあく抜きをしても、

あくが抜けなかった場合の原因と対処法についてまとめました。

・たけのこに切り込みを入れずにそのまま茹でてしまった場合

たけのこは皮を2、3枚はがし先端を切り下ろし、縦に切り込みをしておきます。
こうすることで、あくが抜けやすくなります。

・茹でたたけのこをすぐに使ってしまった場合

たけのこの、茹で上がり直後は、まだ中にあくが残っています。

冷めるまで茹で汁の中で放置します。
そうすることで、たけのこの中に残っていたあくが茹で汁の中に出てきます。

■さいごに

いかがでしたか?
あくとは、野菜が外敵から身を守るために備えた『苦味、渋み、えぐみ』をさします。

料理の味を悪くするだけでなく、消化不良を起こす原因にもなるので、
あくの強い野菜はしっかりとあく抜きしましょう。

たけのこご飯、たけのこの天ぷら、たけのこの酢味噌あえ。
どれもとっても美味しそうですね。

簡単なあく抜きでたけのこ料理を気軽に楽しみましょう♪

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする