子供でも水虫になる?症状は大人と同じ?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

何となく、水虫は大人の病気、というイメージを持っている方が多いと思いますが、子供でも水虫になる可能性があります。

どういった時に子供が水虫になるのか?また、子供の水虫の治し方等をご紹介したいと思います!

■子供でも水虫になる!症状の特徴は?

子供が水虫になるのは有り得るとお伝えしましたが、大人の水虫と違いはあるのでしょうか?

子供の水虫と大人の水虫は、特に違いはありません。なので、一般的な水虫の症状(痒み、肌あれ等)が見られた場合、後述しますが、市販薬での対応はせず、出来るだけ早く病院受診をしましょう。

なお、水虫は一般的なイメージだと、痒みを伴うイメージですが、実はかゆみを伴わない水虫もあります。なので、水虫にかかっているかの基準をかゆみの有無で判断しないようにして下さい。

スポンサードリンク

■子供の水虫を治す方法は?

子供の水虫を治す方法は、大人の水虫の治し方と「ほぼ」同じです。

大人の水虫治療は塗り薬または飲み薬で治しますが、子供の水虫治療に関して、飲み薬での治療はまだ安全面に不安がある為、塗り薬で治療する事になります。

なお、子供心を考えると、病院で水虫の診察を受けさせるのは、気が引ける方も居ると思います。水虫にかかるのは、不潔な人、というイメージが一般的だと思うので、、(汗

ですが、短期間でコストを抑えて水虫を確実に治すには、病院から処方される薬で治療した方が確実です。また、なによりコスト面でも病院の方が抑えられます。

水虫の治療は、水虫の菌(白癬菌)を死滅させないと、完治しません。

この白癬菌は、しぶとい上に、すぐ皮膚の奥に逃げるので、表面的には水虫が治ったような状態になります。

表面的に見て、水虫が治ったと自己判断して薬を止めると、白癬菌は皮膚の奥から出てきて、再度暴れ始めます。

なので、白癬菌が居なくなるまでは、薬を続けないと行けないですし、どのタイミングで完治したと判断するかは、専門家に判断して貰った方がベストです。

もし仮に、市販薬で対応していた場合、自分で完治したと判断する必要がありますし、診察がない上に薬の価格も病院より高めなので、水虫をしっかり治したいのであれば、コスト面・内容面、どちらをみても断然病院での治療が、オススメです!

■水虫と診断されたが、他の原因・他の病気の可能性もある?

なお、病院で子供が水虫だと診断され、治療を続けていても、あまり改善されない場合、可能性は低いと思いますが、他の原因を疑った方が良いケースもあるようです。
子供が、足を洗いすぎていたり、単に足の蒸れが影響して、水虫のように見える場合もあるからです。

通常の病院では、診察時に白癬菌の有無を確認するので、間違いはないと思いますが、薬を長期間使用し続ける事は控えたいので、塗り薬でしっかり治療しても、一向に改善されない場合は、他の病院で一度診察してもらう事も検討した方が良いでしょう。

■まとめ

いかがでしたか?水虫は、患部の傷がある場合を除き、付着した白癬菌を24時間以内に洗い流せば防げる、と言われています。

なので、子供が水虫にならないようにするには、お風呂の時に、洗い残しがないよう気をつけさせる事で充分予防出来るでしょう。

また、治療が必要な時は、病院で診察を受けて、処方された薬をしっかり最後まで使用する事を心がけて下さい(^^

こちらもどうぞ♪
アレルギー性鼻炎は子供に多い?体質改善で治る??

歯ぎしりの原因は子供自身のストレスだけが原因じゃない?

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする