転校手続きはいつまでにしたらいい?手順や必要な書類は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

3月末になって急きょ転勤が決まった(>ω<)小学生のお子さんがいる家庭だと、通っている学校区と外れてしまう可能性が高く、学校区外なら引っ越し手続きだけでなく、転校手続きもしなければなりません^^;

転校手続きなんて特別な手続きは、慣れていないと戸惑いますよね…

では、学校の転校手続きは、いつまでに済ませたらいいのでしょうか?その他、転校手続きの手順や必要書類などについてもご紹介します!

■転校手続きはいつまでにする必要がある?どんな手順で進めたら良い?

かなりバタバタにはなりますが、転校手続きは最短2日でできます!

かなり驚きですよね(゚д゚)今まで通っていた小学校と、住んでいた地域の役所で行う手続きと、新しい学校とその地域にある役所に行う手続きを合わせて、2日で可能です。

つまり、転校手続きは、学校に通う直前ぎりぎりになってもなんとか大丈夫ということです!

実際に、転校手続きを新しい学校と役所に行った翌日に、子供が学校に通うケースもあるそうです。

ただ、子供の気持ちを考えるとかわいそうな気もしますね。転校する子供の気持ちの整理をする時間や、新しい地域に住んで慣れる時間が欲しいところではあります^^;

なので、引っ越しが決まったら、なるべく早く転校手続きを行うと、時間的にも気持ち的にもゆとりが生まれるでしょう^^

では、他の市区町村への転校が決まった際、行う必要がある転校手続きの手順をまとめました。

①子供が通っている小学校へ転校することを伝えます。その際、学校に行く日時を先生と調整しましょう。

②約束した日に小学校に行ったら転校届けを提出し、在学証明書と教科書給付証明書を受け取ります。

③ 現在の住所地(引っ越し前)のある役所に転出届を提出します。

④引っ越ししたら2週間以内に新しい住所地(引越し先)にある役所に、転入届けを提出します。その時に新しい住民票を発行してもらいます。

⑤転出先の役所に、住民票と在学証明書を提出し、転入学通知書を発行してもらいます。

⑥ 転校先の学校に電話をして、転校手続をしに行く旨と訪問日を伝えて調整します。

⑦約束した日時に在学証明書と教科書給付証明書、転入学通知書を提出します。

これで転校手続きは完了です^^

■転校手続きに必要な書類はどんなもの?

小学校の転校手続きに必要な書類をまとめました。

◇転校届け
子供が通っていた小学校に提出するものです。
学校によっては不必要な場合もあるため、学校の指示に従いましょう。

◇転出届
今まで住んでいた地域にある役所に提出するものです。

◇転入届
引っ越ししたら2週間以内に新しい住所地のある役所に提出するものです。
新しい学校に提出する書類は3種類あります。

◇在学証明書

◇教科書給付証明書

◇転入学通知書

どの書類も発行までに数日、数週間かかるものではないので、慌てずに一つずつ準備していきましょう^^

■さいごに

いかがでしたか?

小学校の転校手続きはめんどくさそうに思われますが、手順に従って行うと意外とスムーズです(^^)

ちょっとパタパタにはなってしまいますが、転校手続きは2日もあれば済ませる事が出来ます。春休みあけなど、新年度が始まる時でも、書類さえ準備できればなんとか大丈夫です。

お仕事の都合で急な転勤、引掛しが決まっても、慌てずに手続きを進めていってください^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする