イヤイヤ期で保育園への登園を朝から嫌がる、、、対処法は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

今までは保育園への登園がスムーズだったのに、2歳を過ぎたある日から突然登園を嫌がるようになってしまった、、、どの年齢の子供にも見られる現象です^^;

小学生でも朝小学校に行きたがらない光景はよく見かけますよね^^;

2~3歳は、特に自己主張が激しくなるイヤイヤ期のまっただ中にあるので、嫌がり方が激しいんですよね^^;

子供が大泣きする中、仕事に行くのは後ろ髪を引かれる思いです。
子供が保育園への登園を朝から嫌がる時の対処法についてまとめました!

■イヤイヤ期で保育園への登園を朝から嫌がるのは何故?

保育園への登園を朝だけ嫌がる場合と、家に帰ってからも機嫌が悪い場合に分けて原因を考えていきます。

子供が朝だけ嫌がる場合は、「母子分離不安」が大きく関係しています。

0歳や1歳の頃には芽生えていなかった自我が芽生え、「ママと離れたくない!」という強い感情が子供の中に生まれているのです。

朝だけ子供が登園を嫌がる場合は、子供の心が順調に育っている証拠です。
ママのことが好きなので子供は一緒にいたいと思うのです^^

スポンサードリンク

気をつけたいのが、迎えに行った時や家に帰ってからも子供の機嫌が悪かったり、元気がない場合です。

保育園で何か嫌なことが起きている可能性があります。

保育園で何も問題がなく、母子分離不安だけが原因ならば、最初の10分くらいはぐずっていても、その後はケロリと楽しく過ごすことが多いです。

保育園で他の子とトラブルが起きていないか?保育士さんに問題はないのか?

子供の話をよく聞いたり、実際に保育園を見学に行くのをおすすめします。
子供はまだ言葉で上手く伝えられないため、実際に保育園から話を聞きに行くのがベストだと思います。

■イヤイヤ期の子供と上手に付き合うには?

2~3歳の子供は、何でも自分でやりたがり、反抗的になるためイヤイヤ期や魔の2歳児などの呼ばれ方をします^^;

イヤイヤ期は自我が急速に芽生える時期です。

我が子のイヤイヤ期の頃を振り返ると、手を焼いたのは確かですが、それ以上に褒められるとすごく喜ぶという可愛い一面がありました。

自我が芽生えているため、褒められると自己満足感がすごく満たされるのです。
この素晴らしい特質を生かしましょう!

子供が保育園から帰ったら、とにかく親子水入らずの時間を作り、保育園で頑張ったことをとにかく褒めまくることがポイントです^^

イヤイヤ期の子供の育児は大変ですが、おだてながら上手く付き合っていきましょう♪

■さいごに

いかがでしたか?

突然保育園に行きたがらなくなると、親としてはすごく心配になりますよね、、、

まずは、園の子供や保育士さんと問題がないか確認しましょう。
問題が見あたらず、朝だけ嫌がる場合は特に問題はないと思います^^

こちらもどうぞ♪

どうしたら良い?子供が保育園で怪我した場合の保険適応は?

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする