赤ちゃんに生クリームをあげて良いのはいつから??

記事タイトル真下
スポンサードリンク

たとえ赤ちゃんでも誕生日にはやはりケーキでお祝いしたいもの。
でも、赤ちゃんに生クリームってあげてもいいの??
きっと多くのママさんパパさんがこの疑問を持つことでしょう。

そこで!赤ちゃんに生クリームをあげてもいいのはいつからなのか、

また、その注意点もお伝えしたいと思います^^

■赤ちゃんに生クリームをあげる目安は●●から!

赤ちゃんに生クリームをあげて良いのは1歳からです。
正確には、1歳というより離乳食から離れる時期なのですが、

1歳を目安にするのがいいでしょう。

生クリームは牛乳の脂肪分、つまり油なので、赤ちゃんにはそんなに必要のないものです。

少し風味を付け足す程度にスープや和え物に加える、といったように少量だけあげるようにしましょう。

あげすぎると赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまいます。
小さじ1杯から初めて、大さじ1杯までを目安にするぐらいで十分でしょう。

スポンサードリンク

■赤ちゃんに生クリームをあげる上で気をつける事はある?

生クリームには動物性と植物性の2種類があり、

動物性には原料に牛乳が含まれ、植物性には油脂が含まれています。

なので、動物性は赤ちゃんにとって消化吸収がいいため、

少量であれば問題ありません。

ただし、植物性は油脂や添加物が含まれているので、赤ちゃんは食べる必要がない上、

吸収の悪いものも含まれているので、あげないように気を付けましょう。

そして、生クリームを赤ちゃんにあげる前に必ずしてほしいことが、

アレルギーのチェックです。

食物のアレルギーって怖いですからね、忘れないようにしましょう!

また、誕生日にケーキをあげるということなら、手作りのケーキにしましょう。

市販のケーキは大人が食べても甘いと感じるもの。糖分や脂質がこれ以上必要ないというほど入っています。

もし市販のものをあげるのであれば、

赤ちゃんが大人と同じものを食べられる3歳ごろになってからにしましょう^^

また、ケーキに乗っている生クリームですが、

全部をあげるのは多すぎるので、少しクリームを削いでからあげるのもいいでしょう。

まとめ

・赤ちゃんに生クリームをあげる目安は1歳から。

※ただし、多すぎると赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまうので、小さじ1杯から初めてスープや和え物に少し加える程度にしましょう。

・赤ちゃんに生クリームをあげる上での注意点は、植物性の生クリームはあげず、動物性をあげるようにする。

・生クリームをあげる前にアレルギーのチェックをする。

・市販のケーキをあげるのは3歳からで1歳で食べてもいいのは手作りのものにする。

上記のポイントを押さえて下さい^^

誕生日にケーキを一緒に食べたいと思う気持ちはわかりますが、

何より赤ちゃんの体が一番大切です。
赤ちゃんの負担にならないよう、そして喜んでもらえるように誕生日を迎えましょうね!^^

こちらもどうぞ^^

意外に美味しい?赤ちゃんにあげる生クリームの代用品のオススメは、、、

小麦アレルギーの症状が出て治るまでの時間はどれぐらい?赤ちゃんや大人では変わる?

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする