ヘアドネーションは長さが足りないと出来ない?その他の条件は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

小児がんや無毛症などで髪の毛を必要としている子供たちへ人毛で作ったウィッグを無料で届ける活動をヘアドネーションといいます。

友達もFacebookでヘアドネーションの様子を投稿していたのですが、気になることがありました。髪の毛は31cm以上ないと絶対に受け付けてもらえないのでしょうか?

また、毛量が少なかったり髪の毛を染めていても大丈夫なのでしょうか?ヘアドネーションについて気になることを色々とまとめました^^

■ヘアドネーションは長さが足りないとできない?必ず31センチ以上必要?

ヘアドネーションの活動に参加する時に髪の毛の長さを31センチ以上を目安にしている団体が多いです。

なぜ31センチ以上が基準になっているのかと言うと、31センチ以上あればそのままウイッグを作ることが出来るのでコストがかからないのです。

ならば必ず31センチ以上なければ受け付けてくれないのか?と言うとそういうわけではありません^^

スポンサードリンク

31センチ以下ならウイッグを作るのにコストがかかるため、ボランティア団体は民間に転売し、その収益を寄付することで間接的にボランティアを行っています。

なので、あなたの寄付した髪の毛はボランティアとしてしっかり子供達のために貢献しているのでご安心ください^^

ヘアドネーションを行う団体はいくつかあり、中には髪の毛が15cmあれば受け付けてくれる団体もあります。

「つな髪」というボランティア団体は髪の毛付きのインナーキャップを作り寄付しているため、髪の毛のあ長さが15cmでも大丈夫なんですよ(*‘ω‘ *)

■ヘアドネーションの長さ以外の条件は?長さは足りてても毛量が少ない場合、染めている場合は?

ヘアドネーションで寄付する髪の毛は人毛ウイッグに使われるので、長さだけでなく、毛量や髪の毛の健康状態も関係するのかな?と思いますよね。

毛量が少なくても特に問題はないとのことです。

大丈夫かな?なんて気にすることなくヘアドネーションに参加しましょう^^

なお、ヘアドネーションする髪の毛は、出来るだけ健康な髪の毛が良いとされています。でもパーマや染めたりしてるからNGというわけではありません。

パーマを繰り返したり染めすぎて髪の毛のダメージが深刻だと、あまり力を入れなくても髪の毛がぶつっと切れてしまいますよね。そのような状態でないならパーマや染めていてもヘアドネーションに参加することができます^^

■さいごに

いかがでしたか?

続々と芸能人が髪の毛を寄付していることから、ヘアドネーションという言葉が一気に広がりました。芸能人の髪の毛はお手入れが行き届いていて健康な髪の毛だけど私の髪の毛は…なんて悩む必要はありません。

あなたにも出来るボランティア始めてみませんか?^^

こちらもどうぞ♪

ヘアドネーションとは?長さや条件・送り先は?あなたの髪が役に立つ!?

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする