布団の虫は何者?ダニ・ノミ以外にもいる?刺された場合は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

ベッドに布団をしきっぱなしだったので、 さすがにちゃんとしようと思い、布団を片付けていました。すると、布団の中に小さな虫を見つけました^^;

初めは、ダニやノミかと思いましたが、どうやら違うようです、、、

布団で発生する虫は、ダミやノミ以外にどんなものがいるのでしょうか?また刺されてしまった場合はどうなるのでしょうか?調べてみました!

■布団で発生する虫にはどんなものがいる?予防や対策法は?

布団で発生する虫は様々で、下記の虫が 発生すると言われています。

・チャタテムシ ※画像です。

→小さくて白っぽい形をしています。薄暗く、湿っぽい所で繁殖します。

ダニのエサになるので、チャタテムシが大量発生→ダニの誘引になるので、早めに対処しましょう。

・ヒメマルカツオブシムシ ※画像です。

→黄色みがかかった小さな虫で、衣類を食べます。

布団からタンスや、クローゼットに移動してしまうと、大事な衣類を食べてしまいます^^;

上記の虫を発生させない、繁殖させないようにするには、

スポンサードリンク

・外出で着た服は、しっかり洗濯する。
→虫は外からの飛来が多いので、しっかり洗濯をして、洗い流す&虫が好む汚れを取り除きましょう。

なお、洗えない服の場合は、日干ししたり、コロコロでホコリや汚れを取りましょう。

・布団に虫が好む湿気がたまらないよう、まめに干す。

・布団を外に干して片付ける時は、虫が飛来していないか確認する。

・コロコロで布団を綺麗にする。
→小さくて掃除機で吸い込めない場合もあるので、コロコロで確実にとりましょう!

上記を行った上で、布団を仕舞う時は防虫剤を使用します。

こうする事で、布団で虫が発生&繁殖するのを防ぐ事ができます^^

■布団の虫に刺されたらどうなる?虫刺されとの違いや症状が出るまでの時間は?

布団で発生した虫に刺されたと思った場合、可能性として高いのはダニに刺されるケースです。

ダニに刺された場合に出てくる症状は下記のような症状が挙げられます。

・身体の柔らかい部分を好むので、お腹や股などが刺される。

・刺されてすぐではなく、数日後に痒みが出てくるので、刺されてすぐには気づかない。

虫刺されの場合、肌を露出していた部分を刺される、刺されてから気づくまでが比較的早いので、ダニに刺された場合と違いが分かりやすいです。

虫刺されの場合も勿論ですが、ダニに刺された場合は、痒みが強いので、早めに病院で診察を受けた方がいいでしょう^^;

■まとめ

いかがでしたか?

布団で発生する虫は、 ダニやノミ以外に様々な虫が発生します。

予防や対策法としては、こまめに布団を干す、コロコロで綺麗にする、外出着に虫が付着している事があるので、しっかり洗濯をする等です。

人を刺すのは、ダニの可能性が高いですが、刺されてしまった時は、我慢せずに早めに病院に行きましょう!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする