スキーのジャンプ台には別名がある?語源や角度の決まりは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

スキーのジャンプ台にはちゃんとした名前や、別名があるのでしょうか?以前テレビでジャンプ台が違う呼び方で紹介されていたんですよね~

今回はスキーのジャンプ台の別名やその語源を調べました^^

また、ジャンプ台はものすごい傾斜ですが、素人も飛べるものなのでしょうか?そのあたりについても調べました^^

■スキーのジャンプ台の別名は?語源はどうゆう意味?

スキーのジャンプ台は別名「シャンツェ」とか「ジャンピングヒル」と呼ばれたりします。
なんだかかっこいいですよね(*^^)

ジャンピングヒルは「飛ぶこと・丘」という意味なので語源は分かります。でも、シャンツェの語源って一体何なのでしょうか!?

シャンツェって英語ではないですよね~・・(・ัω・ั)実はこのシャンツェという単語はドイツです。

次のような意味を持っています。

・スキーのジャンプ台
・踏み切り台
・助走路など 

日本でもジャンプ台という呼び名ではなく、シャンツェの呼び名を使っているスキー場もたくさんあります。

山形にある蔵王ジャンプ台は、別名クラレ蔵王シャンツェと呼ばれています。呼び方を変えるだけでおしゃれな雰囲気になりますね(・ิω・ิ)!笑

■スキーのジャンプ台の角度は決まっている?素人でも飛べるの?

ところで、スキーのジャンプ台ってものすごい傾斜ですよね(>ω<)

傾斜角度は最大35度と決められています。飛ぶ時は下は見えず崖そのものなんだとか…

私の友達が以前ジャンプ台競技を見ながらとんでもない発言をしたことがあります。

「ジャンプ台で飛ぶのって技術なんかいらんよね。度胸があってうまく飛び出したら後は自然にうまく飛べるんじゃない?」

私は「はぁ?」と思いました(・ัω・ั)でも、もしかしたらもしかすると、素人でもジャンプ台を使って飛べるのかもしれません。

素人でも飛べるものなのかきになったので調べてみました。実際にジャンプ台を体験した人から話を聞いてみると、こんな感想を話してくれました。

『素人は絶対に無理だよ〜だってジャンプ台に立った時って展望台に立ってるような感覚だよ。着地点も見えないし崖から飛び降りるのと一緒だよ。もしも飛び出したとしてもバランスを崩してとんでもないことになるよ。苦笑』

友達が私に話してくれた話はもっともだと思いました。素人は危険なためやめておいた方が良いと思います^^;

小さなジャンプ台を整備しているスキー場もあります。素人はそれらを利用し練習するのをおすすめします。

■さいごに

いかがでしたか?

スキーのジャンプ台の別名や語源などについてご紹介しました(^^)

スキーのジャンプ台は別名「シャンツェ」や「ジャンピングヒル」と呼ばれていて、語源はドイツ語でした^^

ジャンプ台の傾斜角度は最大35度と決められていて、素人でいきなり飛ぶのは難しそうですね(苦笑)罰ゲームでも私は絶対に飛びたくありません(>ω<)まだバンジージャンプの方がまし、、、ですかね~・・・。

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする