坂口健太郎演じる北条泰時(やすとき)の今後は?どんな役所?

テレビ番組

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が、タイトル通りのメンツが遂に揃った!・・・と思ったのもつかの間、梶原景時が脱落しました^^;

そして、徐々に人が減っていっています。

鎌倉殿の13人本編の展開も、史実に基づいて今後展開していくと予想されますが、三谷幸喜さん演出が加わってくるので、どのような展開になるのか興味津々です。

なかでも、坂口健太郎さん演じる北条泰時(やすとき)が、徐々に存在感を示してきています。

今回は、坂口健太郎さん演じる北条泰時の今後や、歴史上では実際に何をした人なのかなどをまとめてみました^^;

坂口健太郎演じる北条泰時(やすとき)は最後どうなった?

歴史に詳しい方はご存知かもしれませんが、坂口健太郎さんが好きで大河ドラマを見ている方は、北条泰時も他の御家人のように殺されてしまうのかな?と心配になっている方もいるかもしれません、、、、が、安心してください。北条泰時は、殺されません^^

逆に、小栗旬さん演じる北条義時の後、第3代執権となり、日本史上屈指の名宰相と言われます。

私にとっては、古い古~い昔の話ですが、日本史の授業で習った、御成敗式目、という言葉に覚えはありませんか?

そう!あの御成敗式目を制定したのが、北条泰時(坂口健太郎)何です。

つまり、北条泰時(坂口健太郎)は、歴史に名を残すような偉業を成し遂げた人なのです!
大河ドラマ(鎌倉殿の13人)のようなバイオレンスな争いとは距離をおくことができた人物だと言えるでしょう

坂口健太郎が北条泰時(やすとき)を演じると発表された時のコメント

このような歴史上の偉人を演じるとなった場合、一体どのような気持ちで役に臨むのでしょうか?

私は演じることと、全く無縁の人生ですが、歴史上の偉人を演じる、しかも、テレビを通して日本中の人に見られることを想像しただけで、、、身震いします。笑

自身の演技が歴史好きの人・大河ドラマ好きに評価されるって、よっぽどだと思います^^;

ところが、坂口健太郎さんは流石でした。キャストが発表された時の本人のコメントがこちらです↓(ヤフーニュースより引用)

「今回、僕は大河ドラマ初出演になります。北条泰時、義時の息子として、いろんなものを、もちろん現場でもそうだし、歴史の中の泰時という人物をすごく丁寧に自分のなかで温めながら、皆さんに楽しく見てもらえるような泰時として演じたいと思っています」

と、コメントをされています。

前向きに、ポジティブな発言をされているので、プレッシャーというものないのではない?か、と思わせられる、素直な言葉で表現されていました。

大河ドラマの撮影は長期かつハードな撮影になると聞いた事があります。

坂口健太郎という俳優さんが、大河ドラマを通し、様々なことを乗り越え、北条泰時を演じきった先には、さらに魅力的な演技をされる事でしょう、楽しみですね^^

まとめ

坂口健太郎さん演じる北条泰時(やすとき)が、今後暗殺されないか気になりますが、史実ではそのようなことはないので、安心して大丈夫です。

逆に、歴史に名を残す偉人となるので、坂口健太郎さんがどのように演じるのか、注目した方がさらに大河ドラマを楽しめることでしょう^^

また、坂口健太郎さん自身も、北条泰時を演じることに対して、ポジティブな発言をされているので、最後まで彼の演技に注目していきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました