メレンゲのツノが立たないのは何故?成功させるポイントやコツは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

ツヤツヤで弾力があってツノが立ったメレンゲが理想的ですね(*^^)
そんなメレンゲを想像しながら作ったのに、理想からかなりかけ離れたものが出来てしまうのは何故なのでしょうか?

メレンゲのツノが立たない(失敗する)原因3つをご紹介します。またメレンゲはどのように作るかによって出来上がりの時間が変わってきます。メレンゲが出来る時間についてもまとめました。

■メレンゲのツノが立たない原因は?少しでも黄身や水分が入ると、はじめからやり直す?

メレンゲのツノが立たない3つの原因をまとめました。

①不純物が混ざったため。
不純物とはボウルや泡立て器についた水分や油分、汚れ、黄身を指します。
使う調理器具は綺麗に洗いキッチンペーパーで丁寧に水分を拭き取ってから使用しましょう。

②卵の鮮度
卵の品質と鮮度が良いほどツノが立ったメレンゲを作りやすくなります。
白身がぷるぷるして弾力性があるものが理想的です。

③卵の温度
卵白は冷たく冷やしてあるほどツノが立ちやすくなります。
冷凍した卵白を使うと驚くほど手早くメレンゲ作りが完成します(๑•̀ㅂ•́)و

さて卵白に水分や黄身が混ざると、メレンゲらしいものは出来ますが、ツンとツノが立ったメレンゲにはなりません。

そんな場合、残念ですがはじめからやり直すしかありません^^;

失敗してしまったメレンゲは捨てるのではなく他のお菓子に利用しましょう。ふんわり食感はなくなりますが、しっとりさせたいお菓子には向いています。

マドレーヌやパウンドケーキ、ガトーショコラなどがおすすめです^^

スポンサードリンク

■メレンゲ作りは成功するとどれぐらいの時間で出来るもの?

メレンゲはどのように作るかで出来上がりまでにかかる時間が変わってきます。一般的にハンドミキサーを使うと約5分です。ハンドミキサーではなく手動の泡立て器使用だと、約15分かかります。

リズムを一定に、かつ空気を含ませるように手でかき混ぜ続けるのはかなりしんどいです(>ω<)

なお、ハンドミキサーは片付けが面倒くさいため、私は泡立て器派ですね〜そんな私の強い味方になってくれる裏技テクニックがあります。

それは、溶いた卵白のみを冷凍庫で30分間凍らせてしまうことです。

冷凍庫から取り出して泡立て器で全体をトントン叩いてからその後普通にかき混ぜます。
その時間わずか1分ですΣ(゚Д゚)

他にも下記の時短技があります。
空気を入れパンパンにした食品用ポリ袋に溶いた卵白を入れて口を閉め思いきりシャカシャカ振ります。するとツノが立ったメレンゲが3分ほどで出来上がります。

ペットボトルを使うアイディアもありますが、出来上がったメレンゲを取り出しにくいためおすすめしません(>ω<)

関連:メレンゲ作りで失敗した時の使い道は?復活させるのは無理?

■さいごに

いかがでしたか?

メレンゲのツノが立たない3つの原因についてご紹介しました。

調理器具の水分や卵の鮮度や温度が関係しています。メレンゲが上手に作ることができなかった人も、コツをしっかり守ることで上手にメレンゲを作ることができますよ(๑´ڡ`๑)

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする