雪の時ワイパーを立てるのは折れるのを防ぐ為?立てない方がいい時もあるって本当??

記事タイトル真下
スポンサードリンク

めったに雪が降らない地域に住んでいます(^^)

初めて富山県にスノボに行った時に駐車場に停めてある車を見て驚いてしまいました。
どの車もワイパーが立ててあったのです(@@;)

車のワイパーがずら〜っと立ててある光景は違和感が凄くて今でも覚えています。
でもこう感じるのは雪が積もらない地域に住んでいる人だからで、雪国では当たり前の光景だということを後で知りました。

なぜワイパーを立てると雪で折れないのか理由についてまとめました。
・・・でも立てない方が良い時もあるそうなんです。どんなケースならワイパーを立てない方が良いのでしょうか?

■雪の時にワイパーを立てると折れるのを防げるのは何故?立てないと他にも悪影響がある?

フロントガラスが垂直に近い車種がありますよね。(ミニバン、ワンボックスカー等)
このような車種ほど雪がもろにワイパー部分に積もり、重みがかかってしまうためポキっと折れてしまうことがあります。

その他にもワイパーを立てることで次のようなメリットがあります。

①凍結してワイパーが車体にくっつくのを防ぐ
②フロントガラスに積もった雪を下ろす時にワイパーを傷つけない

ワイパーが折れなかったとしてもワイパーが車体に凍結してしまうことがあります。
無理にはがそうとするとパーツを傷めてしまいます。

溶けるのを待たないといけないのですが、これが時間がかかるんです(>ω<)
急いでいる時なんかは困りますよね。

スポンサードリンク

ワイパーを立てるとフロントガラスから浮くため凍結の心配がありません。
もう1つは雪かきの時にメリットがあります。

ワイパーが雪に埋もれてしまうと雪かきの時に誤ってワイパーに衝撃を与えてしまうことがあります。

これらを防止する上でも雪の降る日にワイパーを立てておくことは大切だと言えますね。

関連:タイヤチェーンは雪のない道で使っても問題なし!?チェーンを素早くつけるコツや雪道走行時の注意点は?

■雪でもワイパーを立てない方がいい場合もあるの?

ワイパーを上げていたことで逆にワイパーが折れてしまったとの報告もあります。

1つ目は雪が何日も大量に降り続く場合です。

この場合ものすごい量の雪が車の屋根部分に積もります。
そして雪が積もり過ぎた結果一気に落ちその衝撃でワイパーがポキっと折れてしまうことがあるのです。(@@;)

2つ目は似ていますが自分自身で雪かきの時にワイパーをやってしまうことです。
その他にこんな驚きの情報も入手しました。

なんとワイパーを立てているとイタズラされることがあるそうなんです。

イタズラする心理はよく分かりませんが、触角みたいのがピョンと出ているのを見ると触りたくなってしまうのかもしれません(-.-;)

■さいごに

いかがでしたか?

ワイパーを立てた方が良い時と立てない方が良い時についてご紹介しました(^^)
短時間駐車する場合はワイパーを立てておいた方が良さそうですね。

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする