天つゆとめんつゆの違いは?めんつゆで作る事はできる!?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

初めて自宅で天ぷらを作った時に、気になった事があります。天ぷら自体は、我ながら上手くできましたが、いざ食べる時になって、天つゆがないことに気づきました^^;

お店で天ぷらを食べる時は、当たり前に天つゆがついてくるので、特に意識する事もありませんでしたが、自分で食べる場合は、当然天つゆも準備しないといけないですね。

冷蔵庫を見てみると、天つゆは無いけど、めんつゆはあったので、見た目も似ているのて、仕方なくめんつゆで食べましたが、何となく合わない気がしました^^;

天つゆとめんつゆの見た目は、似てはいますが、天つゆとめんつゆの違いは何でしょうか?気になったので調べてみました!

■天つゆとめんつゆの違いは?使う目的が異なるから、内容も違う?

天つゆとめんつゆは、結論から言うと、目的や用途が違うので、それに伴い味つけや使っている材料が違いました。

天つゆは、名前のとおり天ぷらに使うために作られるつゆです。見た目は、めんつゆに比べると薄い色をしています。

天つゆは天ぷらの 素材を引き立てるために添えられるもので、天ぷらの邪魔をしてはいけません。天ぷらに使われる素材は、こってりしているものが多いので、天つゆは少し薄めに作られています。

また、出汁は多めに入れられており、砂糖やみりんも入っているので、甘めに作られています。

スポンサードリンク

それに対し、めんつゆはさっぱりした麺類に使われるのを想定しているので、つゆは濃い目に作られています。見た目も、天つゆ濃ゆい色をしています。

また、こんぶや、かつおのだしが使われているのが特徴といえます。

関連:そばつゆとめんつゆの違いは?互いに代用できる?

■天つゆをめんつゆで作るのは可能!?覚えておきたい豆知識

天つゆとめんつゆの違いは分かりましたが、 自宅で天ぷらを揚げた場合、天つゆがないからといって、わざわざ天つゆだけを買いにスーパーまで行くのは、ちょっとちゅうちょしてしまいませんか?

実際、私はめんつゆで妥協しました^^;あんまりマッチはしてませんでしたが、、、、

そこで、私のようにならないよう、覚えておきたい豆知識として、天つゆでめんつゆを作る方法 をご紹介します!

めんつゆを 1、お湯を3の割合で薄めると、めんつゆで天つゆの代用をする事が出来ます。

更に、砂糖とみりんを少々加えると、美味しい天つゆが出来上がります。

この方法を知っておけば、ただのめんつゆで、天ぷらを食べなくて済みます!笑

また、もし大根や生姜があれば、すりおろして添えれば、言うことなしです^^

■まとめ

いかがでしたか?

天つゆとめんつゆの違いは、目的が異なるので、見た目だけでなく、味や、使われている材料も違います。

天つゆは、こってり目の素材を使うことが多い天ぷらの素材を活かす為、少し薄めに甘く作られています。

めんつゆは、元々あっさりした味の麺類に使われる為、こんぶやかつおのだしを使って、濃いめの味に作られています。

天つゆは、めんつゆより薄めに作られているので、めんつゆに代用にすることは難しいですが、めんつゆはお湯で薄めることで、天つゆの代用として使うことができます。

天ぷらを食べようとして、めんつゆしか冷蔵庫にない場合は、是非試してみてください^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする