ウールコートの毛羽立ちの直し方!ブラシやアイロンのスチーム等で復活出来る!?

ファッション

肌寒くなってきたので、お気に入りのウールコートをクローゼットから取り出したら、毛羽立ちしている、、、、、これはかなりショックですね^^;
一度、毛羽立ちしてしまったウールコートの直し方はあるのでしょうか?ブラシやアイロンのスチーム等を使って復活出来るかもしれないので、今回御紹介する方法をお試しください^^

(本記事で分かる事)

  • ウールコートの毛羽立ちの直し方
  • ウールコートが毛羽立ちした原因
  • ウールコートの毛羽立ち予防

ウールコートの毛羽立ちの直し方

ウールコートの毛羽立ちを直したい時に試したい方法は、いくつかあります。

ブラシを使う

1番オススメの方法です。静電気を起こしにくい天然素材の柔らかいブラシを使用します。ウールコートの毛流れにそって、毛羽立ち部分を上から下に丁寧にブラッシングします。
繊維の絡みがほどけて、毛玉を取らなくても毛羽立ちが解消される事が期待できます^^

アイロンのスチームをあてる

アイロンのスチームを利用する方法です。

ウールコートに直接スチームを当てるのではなく、低~中程度の温度にして、少し離れた所からスチームを毛羽立ち部分に当てます。
ポイントとしては、ウールコートの生地を傷めないよう、温度を1番低くして、徐々に温度を上げていくと良いでしょう。

市販の毛玉取り機を使う

毛玉取り器を使用する方法です。ご自宅にあるなら、まずは試しい方法ですね。
ちなみにですが「毛玉取り取り器はないけど、コロコロなら・・・」と考えて、コロコロで取ろうとするのは避けましょう。
無理に取ると毛羽立ちが拡がる恐れがあります^^;

ハサミやT字カミソリを使ってカット

毛羽立ち部分の毛玉を強引に引っ張ってとってしまうと、繊維が傷んでしまいます。
そこで、毛羽立ちしていない他の部分までカットしないよう、ハサミやT字カミソリを使って、少しずつ取り除くという方法です。
物理的に取り除くという、シンプルな方法ですが、意外に効果的だったりします^^

食器洗いスポンジ使う

乾いた食器洗いスポンジを使用して、毛羽立つ部分を優しく撫でて毛玉を取り除きます。
コツは、無理に毛玉をこそぎ取ろうとしないことです。

 

なお、上記に挙げた方法を全て試してみて、ウールコートの毛玉立ちが上手く治らない可能性はあります。他に、家庭で出来る方法がないか探しましたが、、、見つけられませんでした^^;

後は、クリーニング店にもっていき、解消できるかどうか相談してみる事をオススメします。

ウールコートが毛羽立ちした原因は?

ではここで、今後の為にも、ウールコートが毛羽立ちしてしまった原因を確認しましょう。

ウールコートの毛羽立ちの原因は、着用による生地の摩擦や静電気が発生した事が原因です。
摩擦や静電気が影響して、ウールコート表面で繊維の絡まりを生み、毛玉を発生させてしまったのです^^;

先程御紹介した方法のうち、ブラシの使用が、摩擦による繊維の絡まりをほぐすことになります。
その為、ウールコートの素材を傷めないという視点でも、ブラシの使用(ブラッシング)はオススメの方法ですね^^

ウールコートの毛羽立ちを予防するには?

ウールコートの毛羽立ちを予防するには、着用後の手入れと、シーズンオフ中の保管方法がポイントになります。
着用後は、摩擦や静電気が発生している場合があるので、毎回、天然素材の柔らかいブラシでブラッシングして、毛玉の絡みをほぐしましょう^^

また、ウールコートのシーズン終了後は、クリーニングに出しましょう。
そして、クリーニングから返ってきた後は、クリーニング時の袋から取り出して、クローゼットに収納します。

これらの手順を踏むことで、ウールコートを汚れや直射日光から守る事ができます。
後は、定期的にクローゼットの換気をして、湿気を避けるとバッチリです!

上記をする事で、お気に入りのウールコートを長く愛用できるので、是非取り入れたいですね^^

まとめ

ウールコートの毛羽立ちの直し方を御紹介しました^^

まずは、ブラシやアイロンのスチームを試してみると良いでしょう。
また、毛羽立ちの原因は摩擦や静電気による、繊維の絡まりなので、着用後はブラッシングをして、繊維の絡まりをほぐすよう心がけると、長持ちします。日々のちょっとしたひと手間が、後々大きな差になります^^

そして、コートのシーズン終了後の手入れ・保管も重要です。
クリーニングにしっかり出した後、クリーニングの袋を外した上でクローゼットに収納します。
これは、コートを直射日光から守りつつ、乾燥させて、湿気がたまらないようにする為です。

愛用のコートを最高の状態で着れるようにしましょう^^

タイトルとURLをコピーしました