赤ちゃんにあげる生クリームの代用品のオススメは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

離乳食が完了期に入るのは一般的に1歳半を過ぎてからと言われています。

1歳に近づく頃にはだんだん食べれる食材も増えてきて、カスタードプリンをおやつにあげたこともありました。

会社の同僚の子供が10ヶ月になるそうなんですが、生クリームのデコレーションケーキを食べさせてもよいかな?、と相談を受けました。

生クリームはまだちょっと早いので、代用品となる食品を紹介してあげたらすごく喜んでもらえました^^

■赤ちゃんにあげる生クリーム代用品にオススメの食品

生クリームの食感に近いのは、水切りしたヨーグルトや、赤ちゃん用に作られたダノン、豆腐をすりつぶしたものなどでしょう。

赤ちゃんにもちょっぴり甘いスイーツを楽しんで欲しいので、今回は水切りヨーグルトやダノンを生クリームの代わりに使ったスイーツレシピを紹介したいと思います^^

(、、、その前に、ベビー用に作られた赤ちゃん定番のヨーグルト「ダノン レシピ」で検索すると見た目にも美味しそうなダノンを使ったレシピをたくさん見ることができますよ!

1度ご覧になってみてください^^ダノンは、水切りヨーグルトに近い固さのあるヨーグルトですので水切りせずにそのまま使えます。)

・水切りヨーグルトの作り方

用意するものはプレーンヨーグルト、ボウル、ザル、ビニール袋小、キッチンペーパーです。ボウル、ザル、キッチンペーパー二枚重ねの順に重ねます。

ヨーグルトをのせ、キッチンペーパーでくるみ水を入れたビニール袋を重しとしてのせます。20分くらいしたら完成です。

ダノンに近い固さになります。ダノンと違い甘味がないのでお砂糖を少々か、バナナを水煮して冷やしたものなどを加え水切りしたヨーグルトとあえます。

・赤ちゃんにオススメのデコレーションケーキ
大人用のスポンジには糖分や脂肪分が多く含まれるので代わりにサンドイッチ用の薄い食パンか、ホットケーキミックスを使って薄いパンケーキを作っておきましょう。

可愛いクッキーの型で食パンやパンケーキをくりぬき間にダノンか水切りしたヨーグルトをはさんだら完成です。

何個か作ってお皿に盛り付けましょう。見た目も可愛いですよ。

または透明のお皿にサイコロ型に切った食パンやパンケーキを入れて上からダノンや水切りしたヨーグルトをかけても可愛いです。

■そもそも、赤ちゃんに生クリームをあげてはダメなのか?

スポンサードリンク

大人の中にも生クリームを食べると胃がもたれるから苦手という人が多いです。

また市販の生クリームは糖分、脂肪分ともに多く含まれているため、

赤ちゃんの身体には負担がかかりすぎます。

離乳食の完了期を迎えるまでは与えないようにしてくださいね。

また、早くから生クリームなどを食べることに慣れてしまうと薄味の離乳食を嫌がったり、

アレルギーを引き起こす原因にもなるそうです。赤ちゃんのためにも、生クリームは禁物です。

■まとめ

・生クリームは糖分、脂肪分を多く含むため1歳以下の赤ちゃんには食べさせないこと
・生クリームの代用品としてダノン、水切りヨーグルトがオススメ
・スポンジケーキの代用品としてはサンドイッチ用の食パンかホットケーキミックスで使ったパンケーキがオススメ

いかがでしたか?

赤ちゃんの身体はまだまだ未完成ですので、1歳半を過ぎるまでは生クリームは食べさせないようにしましょう!

ダノンや水切りヨーグルト、煮たフルーツなどを使って見た目にも可愛い栄養◎のスイーツを赤ちゃんにも食べさせてあげましょう^^

こちらもどうぞ^^

食べさせてはいけない!?赤ちゃんに生クリームをあげて良いのはいつから??

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする