Amazonプライム会員費が勝手に500円引落し!?返金できるのかや、解約方法について

動画配信

メールチェックをしていると、AmazonからAmazonプライム会員費として500円引き落とした旨のメール

心当たりがなくて、いつ自分がAmazonのプライム会員なったか分からない、、、そんな方少なくないようです^^;

では何故、プライム会員になった記憶はないのに、勝手に500円が引き落としされしまったのでしょうか?このような場合はAmazonに対して、引き落としされた500円の返金請求はできるのでしょうか?

また、心当たりはなくても、もし本当にプライム会員になっているのであれば、解約はどのようにしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、amazonプライム会員費500円が引き落としされた場合の、

  • 問い合わせ先
  • 引き落としされた理由
  • 返金方法
  • 解約方法

についてまとめました!

Amazonプライム会員費が勝手に500円引落しされた場合の問い合わせ先は?

まずはプライム会員費が勝手に500円引き落としされた理由を知るために、Amazonに問い合わせをしたいですね。
Amazonへの問い合わせはチャットにて行います。
チャットでの問い合わせは、Amazonにサインインした状態で、下記から行います。

Amazon問い合わせチャット

ちなみに、Amazonにサインインした状態で、左上の表示に「prime」と記載があると、貴方はAmazonプライム会員となっています。

この表記がある場合は、今一度、ここ最近(1ヶ月~1ヶ月半)のご自身の行動を思い起こしてみると良いでしょう。

なぜなら、Amazonでは、基本的に30日無料お試しを行っているので、Amazonで商品を購入する時や、Amazonプライムビデオを見る時に、何かのきっかけでプライム会員無料登録をした記憶はありませんか?

とても簡単に登録ができるので、30日の無料お試しを登録したことすら忘れている可能性もゼロではありません。
もしそうであるならば、無料期間が終了して、月会費500円が請求されたということなので、原因がはっきりしますね!

Amazonプライム会員費を返金して貰うことはできる?

さて、最近の行動を振り返って、Amazonプライム会員の30日無料お試しを行った記憶はありましたか?
もし、無料お試しをした記憶が全くなくて、そのような形跡も全くないようでれば、Amazonのカスタマーサービスセンターに問い合わせをするべきでしょう。

ではここで、Amazonの30日無料お試しに登録した記憶が見つかった場合(登録したことを忘れていた場合)はどうでしょうか?
この場合は、500円の返金請求は断念して、amazonプライム会員の解約処理をした方が良いのでしょうか?

この場合でも、返金してもらえるケースがあるので、まだ諦めてはいけません!
Amazonの特典を使用していなければ、事情を説明して、引き落としされた500円を返金してもらえる可能性があるからです。

なので、まずは下記のページから問い合わせしてみると良いでしょう^^

Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける

どんなサービスがAmazonプライム会員の特典になる?

なお、amazonは様々なサービスを提供しているので「一体、どれがプライム会員の特典なんだろう?」と疑問が浮かんだ方もいることでしょう。

amazonプライム会員の特典とは、下記のサービスを指します。

  • 無料配送サービスや、お急ぎ便の利用
  • プライムビデオ
  • プライムビデオチャンネル
  • プライムミュージック
  • アマゾンフォト
  • アマゾンフレッシュ
  • プライム会員限定タイムセール
  • プライムリーディング

※プライム会員特典にはその他もありますが、詳細は下記ページにてご確認ください。

Amazonプライムについて

もし、プライム会員費500円が引き落としされしまっても、これらの上記特典を利用していなければ、カスタマーサービスセンターに相談して返金してもらえる余地は残っています。

逆に、どれか1つでも利用している場合は、500円の返金は難しいでしょう^^;

Amazonプライム会員の解約方法

では続いて、Amazonプライム会員の解約方法について確認します。
解約はウェブサイトから行います。パソコンからでもスマホからでも行えるので難しくはありません。

ご自身のAmazonアカウントページにいきます。
画面右上の「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をクリックします。

後は、画面の案内に沿って手続きするだけでプライム会員の解約完了です!
なお、プライム会員ではなくなったからといって、Amazonのアカウント自体がなくなるわけではないので、ご心配なく^^

もし、解約できたかどうか不安な場合は、Amazonプライムビデオ、プライム会員であれば無料で見られる映画などのコンテンツが有料になっているか、マイページの左上から「prime」の表記が消えているかどうかを確認します。

コンテンツが有料になっていたり、「prime」の表記が消えていたりしているなら、解約手続きは完了しています^^

Amazonプライム解約後のデメリット

なお、念の為、プライム会員解約後のデメリットについて把握した上で、解約処理することをお勧めします。
デメリットの一部を紹介します。

無料配送サービスや、お急ぎ便の利用が出来なくなる。

プライム会員でなくなると、500円以下のちょっとした低価格の商品をAmazonで購入する場合に、送料が発生したり、複数の商品をまとめて購入したりしないといけなくなります。

その商品が、近隣の実店舗で購入できるものであれば良いですが、意外になかったりするんですよね^^;

プライムビデオが見られなくなる

プライム会員の見放題対象の映画やコンテンツが無料で見られなくなります。

また、見放題対象コンテンツは、定期的に入れ替わりがあり、最近の映画や最新のアニメも無料見放題の対象となることがあります。

アマゾンフォトが利用出来なくなる

大事な写真のバックアップ用として活用出来る、容量無制限のアマゾンフォトが使用出来なくなります。

プライムミュージックが利用出来なくなる

プライム会員であれば、無料で200万曲聴けるサービスが利用出来なくなります。

 

上記は、プライム会員解約後のデメリットの一部です。
一つでも価値を感じた、または「知らなかったけど試してみたい!」というサービスがあるのであれば、もう少し様子を見てもいいのではないかと思います^^

Amazonプライム会員の年会費で支払いした場合は4,900円(月換算約400円)ですが、月払いにした場合は500円です。

利用してみて、やっぱり解約しようとなれば、いつでも解約が可能です。

なので、プライム会員のメリットをまだ全て試していないのであれば、すぐに解約するのではなく、後もう一ヶ月だけサービスを利用してみて判断されても良いかと思われます。

かくゆう私も、30日の無料お試し目当てにプライム会員に登録したものの、その便利さに心を掴まれて契約し続けています。笑

まとめ

Amazonプライム会員費が勝手に引き落としされた場合、Amazonカスタマーセンターへ問い合わせる必要があります。
ただその前に、一旦何かのタイミングで、30日の無料お試しに登録していなかったか、確認してみると良いでしょう。

Amazonは基本的に無料期間を設けているので、プライムビデオを見るタイミングだったり、低価格の商品を購入するタイミングで、無料お試し登録をした可能性が十分あるからです。

直近1ヶ月から1ヶ月半を振り返ってみて、心当たりがなければ返金を請求をしましょう。

もし加入に心当たりがあり、プライム会員特典を利用していないのであれば、返金の対応をしてもらえる可能性は残っているので、解約をするのが確実であれば、カスタマーセンターに問い合わせをしてもみるのもありでしょう。

なお、プライム会員を解約した場合は、Amazonにて低価格帯の商品購入時、送料無料がなくなったり、プライムビデオの見放題対象の映画や各コンテンツが見れなくなったりいます。その点にご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました