カビ取りに片栗粉!?ただの噂かと思ったら本当だった!

記事タイトル真下
スポンサードリンク

お風呂や洗面台や台所など、水を使う場所にはどうしてもカビが生えてきます。
でも、カビって漂白剤を使ってもなかなか取れない事がありますよね^^;

カビ取りで悩んでいる人もきっと多いと思います。

そこで!頑固なカビにも効果的な片栗粉を使ったカビ取りの方法をご紹介いたします!

■カビ取りに片栗粉を組み合わせると効果的なのは何故?

片栗粉を使ったカビ取りの方法としては、漂白剤と片栗粉を混ぜてカビに塗り付けるという単純なものです。

では、なぜ漂白剤に片栗粉を混ぜるのでしょうか?

実際に漂白剤だけを使ってカビ取りをしたことのある人は分かると思いますが、漂白剤は液体なので流れ落ちやすいという欠点があります。

漂白剤をカビに吹き付けて放置というカビ取りの方法では、放置している間に漂白剤が勝手に流れてしまいカビをしっかり取り除けないのです。

そこで、片栗粉の出番です。

片栗粉はデンプンで出来ており、とろみがあり、水に溶けにくいという性質を持っています。
漂白剤に片栗粉を混ぜる事で、漂白剤が流れにくくなり、しっかりとカビ取りができるというわけです。

つまり、片栗粉は漂白剤がしっかり役目を果たすためのお手伝いをしているという事ですね^^

片栗粉自体にカビ取りの効果があるわけではありませんよ!

■片栗粉でカビ取りする時に気をつけるポイントは?どこでも使える?

スポンサードリンク

片栗粉でカビ取りをする時に用意する物は、塩素系漂白剤、片栗粉、漂白剤と片栗粉を入れる容器、ゴム手袋です。

漂白剤と片栗粉を1:1の割合で容器に入れ、粘りが出るまでかき混ぜます。
そしてカビに塗り付けて20分ほど放置します。

カビに塗り付けた後、上からラップを被せて固定するのもいいですね。

最後に、水でしっかりすすいで完了です。

お湯ですすぐと片栗粉が固まってしまうので、ですすぎましょう!

一度でカビが取れない場合は、何度も繰り返すと効果があります^^

この方法は基本的にどこでも使えますが、ゴムに付着したカビを取る時は漂白剤を放置する時間に注意してください。

放置しすぎるとゴムが傷んでしまうので、5分ほどがおすすめです。

■まとめ

カビ取りに片栗粉を組み合わせると効果的なわけは、流れ落ちやすい漂白剤が片栗粉のおかげで流れにくくなり、しっかりとカビ取りができるからです。

また、片栗粉でカビ取りする時に気をつけるポイントは、漂白剤と片栗粉を混ぜる割合や放置する時間です。

カビ取りは誰もが困っている事だと思いますが、片栗粉を使った方法で気持ちよくカビを落としましょう^^

こちらもどうぞ♪

カビは50度で死滅するからドライヤーで十分退治出来る?注意点や向かない場所とは?

布についたカビや黒ずみの取り方は?生地を傷めずに出来る?再発を防ぐ方法は?

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする