アルミ製品についた油汚れの落とし方!重曹を使うのはタブー?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

アルミ製品についた油汚れを落としたいと思った時、色々な方法が思い浮かぶかと思いますが、どの方法がキレイに油汚れを落とせるのでしょうか?

今回はアルミ製品についた油汚れや黒ずみを劇的に綺麗にする方法などをご紹介します(^^)/また、なぜアルミ製品に重曹を使うと黒ずんでしまうのか何か理由がありそうなので、調べて見ます!

■アルミ製品についた油汚れの落とし方!効果的に落とす方法は?

アルミ製品についた油汚れを落とすには、アルカリ性ではなく酸性が効きます(^^)

柔らかい食器洗い用のスポンジに弱酸性の台所用洗剤を含ませ油汚れを落とします。
冷水ではなく、ぬるま湯の方が油汚れは落ちやすくなります。

なお、油汚れだけでなく焦げつきもある場合は、かなり汚れを落とすのが難しくなります、、、

金網タワシでガーッとこそげ落としたくなりますがぐっと我慢しましょう!アルミ鍋が黒ずむ原因になってしまいますよ^^;

焦げつきもキレイにしたい場合は、鍋に水を入れ火にかけましょう。火をかけたまま、木べらなどで焦げついた部分に触れると、汚れが浮かび上がります。

ある程度浮かび上がったらお湯を捨てて再びスポンジと洗剤で洗います。その際、火傷しないよう、ある程度冷めてから洗うようにしましょう!

■アルミ製品に重曹を使ってはいけない!?黒ずんだ場合に綺麗にするには?

なにかしらの掃除をする時、私は重曹が真っ先に思い浮かびます。

重曹は今やお掃除界のアイドル的存在ですね。カビや臭い、汚れ取りなどなんでもかかってこいの状態です(๑•̀ㅂ•́)و

でも、アルミ製品と重曹はいい組み合わせではないです。以前、アルミ製の鍋についてしまった油汚れを重曹で綺麗にしようと試みたことがあります。ところが、重曹を使った部分が黒ずんでしまったのです^^;

スポンサードリンク

アルミ製の鍋はとてもデリケートで特に問題ない使い方をしていても、徐々に酸化してしまいます。使用上の注意点を守らないと、あっという間に黒ずんでしまいます^^;

また、アルミはアルカリ性と研磨作用に非常に弱いです。重曹は弱アルカリ性で、研磨作用もあります。アルミ鍋と相性が悪いのにも納得ですね^^;

※ちなみに、研磨作用とはメラニンスポンジのように表面を削ってしまう作用です。なので、アルミ製品はタワシでゴシゴシこするのもNGです!

アルミ製品が、アルカリ性のものに触れると酸化しやすくなるので、アルカリ性の食品にも要注意です。アルカリ性の食品とは、梅干しやこんにゃく、ゆで卵・塩・醤油などが挙げられます。

(アルミ製品の鍋が黒ずんでしまった場合は?)

アルミ製品の鍋が黒ずんでしまったら、クエン酸が効きます。アルミ鍋に水を8分目くらいまで入れてクエン酸を小さじ2〜3杯入れて20分程度火に掛けるだけであら不思議(*^^)
黒ずみが綺麗に落ちてしまいます。

他にも、クエン酸の代わりにレモンの皮などクエン酸を含む果物の皮などで代用することもできます。手順は同じですし、皮も適当でOKです^^

■さいごに

いかがでしたか?

アルミ製品の油汚れは酸性の洗剤がおすすめです。逆に、重曹はアルミと相性が悪く、黒ずみを招くので、使用しないようにしましょう!

また、アルミ製品は酸化して黒ずみやすいので、クエン酸や果物の革を使うと、キレイに出来ますよ^^定期的にメンテナンスして長く愛用しましょう!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする