ニットやセーターの毛羽立ちを直すには?ブラシやカミソリ等を使っての直し方や防止方法を紹介!

セーター 生活

ニットやセーターは毛羽立ちしやすい素材です。特に何の対策もせず、着続けていると、気づいた時には、毛羽立ちや毛玉が発生していたなんて悲劇が、、、お気に入りのニットやセーターであれば尚更ですね^^;
クリーニング店に相談するのも、一つの手段ですが、まずは自分なりに出来る事がないか試してからが良いでしょう。

そこで、今回はニット・セーターが、

  • 毛羽立ちした場合の対処法
  • 毛羽立ちする原因
  • 毛羽立ちしない為の予防策、洗濯方法

についてまとめました^^

ニット・セーターの毛羽立ちを直すにはブラシやカミソリが良い?

ニットやセーターの毛羽立ちを直すにはブラシやカミソリが有効です。
また、他の対処方法もあるので、まとめて御紹介します^^

ブラシを使ってのブラッシング

ニットやセーターの毛羽立ちは、静電気の影響により、繊維同士が絡まることで発生します。
その絡まりを無理に解消しようと、引っ張ったり、コロコロ等で取り除こうとしてはいけません。
被害が大きくなるばかりです^^;
そこで、出番になるのが、柔らかい素材のブラシです。毛羽立ちした部分を、繊維の流れに沿って優しくブラッシングしましょう。
そうすると、静電気が解消されて、絡まっていた繊維がほどけていきます^^
なので、毛羽立ちや毛玉の解消には、まずはブラシでのブラッシングを試してみましょう。

T字カミソリで解消する

T字カミソリで、毛羽立ち・毛玉になっている部分を、生地の流れに沿って剃り落とす方法です。
ハサミと違い、丁寧に扱えば、他の部分を傷つけてしまう恐れが低いので、試してみる価値がありますよ^^

毛玉取り器を使用する

毛玉取り器は、毛羽立ち・毛玉問題の解消目的で作られているので、当然と言えば当然ですね。笑
もしご自宅に毛玉取り器が無ければ、下記がオススメです^^

アイロンのスチーム機能を利用する

アイロンのスチーム機能を使用して、毛羽立っている繊維をほぐす方法です。

アイロンのスチームをニット・セーターから少し離してあてます。高温設定だと生地が痛む場合があるので、低い温度であてるようにしましょう。

台所用スポンジでこする

台所用スポンジの固い面を利用して、毛羽立ち部分を優しくこする方法です。繊維で繊維を絡め取る考え方ですね。台所用スポンジはどこの家庭にもあるので、試しやすい方法だと言えます。

ニット・セーターが毛羽立ちした原因

セーター

先程、少し触れましたが、ニット・セーターの毛羽立ちは、生地の摩擦が原因です。
ニット・セーターを着用した時や、洗濯をした時に生じた摩擦により静電気が発生します。

その静電気の影響を受けて、生地が浮きあがり、浮き上がった生地が絡まり合う事で、毛羽立ちや毛玉が発生するという流れです。
この摩擦をいかにコントロールするかが、ニット・セーターを長く愛用する秘訣になってきます。

そして、原因が分かれば、摩擦を抑える方法を考えたらよくなりますね。

ニット・セーターの毛羽立ちを防止するコツやお手入れ方法

では、ニット・セーターの毛羽立ちを防止する(摩擦を抑える)コツを確認したいと思います。

毛羽立ちを防ぐには、下記の各場面でのポイントを抑えましょう。

着用前

静電気防止スプレーをかける。摩擦からの静電気を抑える事が出来れば、毛羽立ち防止になります。

着用後

1日着用したニットやセーターには、摩擦で静電気が発生しているので、ブラシで丁寧にブラッシングを行いましょう。なお、手間だとしても、ブラッシングは毎回行うようにしましょう!

洗濯時

洗濯する時の理想は、手洗い&平干しです。こうする事で摩擦の発生を極力抑える事ができます。ですが、毎回手洗いするのは大変ですね^^;
そこで、洗濯機を使用する場合は、ニット・セーターを裏返しにして畳んだ状態で、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

また、柔軟剤を併用しましょう。柔軟剤は繊維と繊維の間を滑らかにするので、摩擦の原因になる絡まりを抑えます。なお、柔軟剤がない場合は、同じ効果があるリンスを代用しても大丈夫です。

まとめ

ニットやセーターが、毛羽立ちした場合の対処法やその原因、毛羽立ちさせない予防法について紹介しました。
毛羽立ちや毛玉の原因は、摩擦による静電気なので、これらに気をつけたら、愛用のニット・セーターを長く着続ける事ができます。
ひと手間、ふと手間が増えますが、しっかり行いましょうね^^

タイトルとURLをコピーしました