コンセント差し込み口から火花が出るとそのうち火事になる?対処法はある?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

アイロンがけをする為、アイロンの電源プラグをコンセント差し込み口に差し込むと、コンセントの奥の方でパチッと一瞬火花が飛びました^^;

アイロンが故障したのかな?と思いましたが、いつもどおり使えました。

このような場合、気にせずそのまま使い続けていいのでしょうか?それとも、火事になる可能性があって、修理等を行う必要があるのでしょうか?気になったので調べて見ました!

■コンセント差し込み口から火花が出るのは何故?放っておいても火事にはならない?

コンセント差し込み口から火花が出る場合、何でもかんでも、今すぐどうこうというわけではありませんが、何もせずに放っておくのはやめたほうがいい場合もあります。

まずは、コンセントの差し込み口から火花が出る原因を確認して、どのケースに当てはまるのを確認しましょう。

場合によっては、火災などの重大事故につながる危険性がある場合もあるので、、、^^;

(コンセントから火花が出る原因)

・家電製品のスイッチがオンの状態でプラグをコンセントにさした。
→家電のスイッチがオンのままプラグをコンセント差し込み口にさすと、一度にたくさんの電流が流れます。その電流が火花を生み出す場合があります。

・コンセント差し込み口周辺にホコリなどの異物がついていた
→ホコリや異物がコンセント差し込み口周辺またはプラグにあって、それらがコンセントに流れる電流経由でプラグに伝わり、火花が出る場合があります。これは、あとから説明するトラッキング現象を招く場合があるので、早めの対処が必要です。

スポンサードリンク

・タコ足配線をしていた。
→OAタップを利用して、タコ足配線をしている場合、OAタップには大量の電流がきています。そこに新たに家電製品のプラグを差し込むと、一度に大量の電流が流れる為、火花が出ます。

・電圧が高い時に、プラグをコンセントに差し込んだ。
→家庭の電圧は交流電圧になっており、電圧が高い場合と、低い場合があります。高い場合の時に、プラグをコンセントに差し込むと火花が出る場合があります。

このように、コンセントから火花が出る原因はひとつではありません。様々な原因が考えられるため、その時の状況を考慮して判断する必要があるでしょう。

特に、コンセント差し込み口周辺にほこりがついていた場合、ほこりと空気中の湿気が混じり合い、プラグについているほこりに発火するトラッキング現象を招くことがあり、危険性が高い為、早急に対処しましょう!

■コンセント差し込み口から火花が出ないようにするには?

ではコンセント差し込み口から火花が出ないようにするには、どのような対処をした方がいいでしょうか?

状況に応じて、ケース毎に処置を行いましょう。

・家電製品のスイッチがオンの状態だった時
→コンセントに家電製品の電源プラグを差し込む時は、スイッチがオフになっているのを確認して入れましょう。また、取り外す時もスイッチをオフにして取り外しをします。

・コンセント差し込み口周辺にホコリなどがついていた。
→トラッキング現象を招きかねないので、コンセントに差し込む時は、プラグ部分も含めて、ホコリがついていないか確認します。加えて、定期的にコンセント周りのこまめな清掃も行います。

特に、水回りやエアコン周り、冷蔵庫周りの他、普段コンセントが見えない部分(食器棚の裏、ベッド下等)のチェックは重要です。

なお、掃除はエアダスターを使うと、ホコリをきれいに飛ばせるのでおすすめです^^

・タコ足配線
たこ足配線をしているところに新たにプラグを差し込む時は、タップの先にある主電源が切れている(オフになっている)状態にしてから、追加のプラグを差し込みます。

(番外編:火災予防、トラッキング現象予防)
火災予防の一環として、電気コードは束ねないようにしましょう!
コードを束ねてしまうと、束ねた部分に熱がこもり、火災の原因になるので、気をつけて下さいね^^;

また、トラッキング火災防止の為、使わないコンセントには、ホコリ防止のカバーを使ったり、ホコリ防止機能が付いているOAタップを使用しましょう。

■コンセント差し込みがコゲた場合はどうする?

コンセントが黒く焦げる場合がありますが、そのような場合は素人が触れる範疇を越えているので、業者さんにお願いする必要があります^^;もちろん、焦げたコンセントは使ってはいけません。

知識がないままコンセントを直そうとすると、二次災害の危険性も出てくるので、控えた方がいいでしょう^^;

自己所有の家なら、近くの電気屋さん、賃貸マンションや賃貸アパートであれば、大家さんに相談するか、管理している不動産会社に事情を説明して、どうした方がいいか相談できますよ^^

■まとめ

いかがでしたか?

コンセントの差し込み口から火花が出た場合は、必ずしもすぐに修理しないといけないわけではありませんが、火花が出た原因を把握して対処する必要があります。

もし、先ほど挙げた原因以外の場合、何らかの不具合が出ている可能性があるので、業者さんに相談した方がいいかもしれません。

また、コンセントが黒く焦げた場合は、火災の恐れがあるので、業者さんに修理を依頼したり、大家さんまたは不動産を管理している管理会社に相談をして下さい!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする