引越しの荷造りは一晩あれば余裕?それとも無謀?時短のコツや事前に準備しておくものは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

今度引っ越しを予定していて、荷造りをしないといけないけど、予定や仕事の関係で時間がない、、、、特に、働いていると、まとまって休みを取るのが難しいんですよね~^^:

一人暮らし程度の荷物なら、引越しの荷造りは一晩あれば余裕でしょうか?それとも無謀?(@@;)

また、一人暮らしだと普通は荷造りにどれぐらいかかるものなのかや、荷造りを少しでも時短するコツなどについてご紹介します。他にも引越しの荷造りで使うものもまとめました^^

■引越しの荷造りは一晩あれば出来る?一人暮らしだと普通はどれぐらいかかる?

一人暮らしと言ってもどれぐらい物を所有しているのかによって荷造りにかかる日数は異なります。

私は普段からあまり物を持たない生活をしていたため1日もあれば十分でした。
荷物の運搬は引っ越し業者に頼んだのですが「えっ、これだけですか?」と聞かれてしまいました(^o^;)

確か、段ボール箱が5〜6箱ですんだと思います。でも一般的には1LDKで段ボール箱が10〜15箱程度必要と言われています。

これくらいの量になるなら1日ではかなり厳しいのではないかと思います。
2〜3日は荷造りに見ておいた方が良いと思います。

■引っ越しの荷造りを時短するコツは?事前に準備しておくのは?

そうは言っても引越しまでに時間がない人もいますよね^^;少しでも時短する為に、梱包に必要な物を事前に揃えておくだけでも引越しの荷造りを手早くすることができます!

事前に準備しておくものをまとめておきますね♪

①段ボール箱(10〜15箱)
ダンボールが不足すると、荷造り自体出来なくなるので、事前に余裕を持って多めに準備しましょう!

②新聞紙
食器を包むのに必要です。枚数が必要になるので、少し多めに準備しておきましょう

③緩衝剤
通称プチプチと呼ばれるものです。プラスチックなど壊したくない物を破損から守ってくれます。百均で購入出来ますよ^^

④ガムテープ
段ボールを組み立てる時に使います。

⑤養生テープ
普通のテープとガムテープと異なり、粘着力が弱めで剥いだあとにベタベタしません。電気コードや箸などバラバラになりがちな物をまとめておくのに便利です。

スポンサードリンク

⑥軍手
素手で作業すると、怪我する場合があるので、軍手をして作業しましょう。

⑦マジック

⑧紐・小さめのポリ袋
細々した物を束ねたり、入れておくのに便利です。

これらの準備物が揃っていると、すぐに荷造りに取りかかることができます。
でもあまりにも、荷造りする物が多すぎたり、時間がない場合は他人の手を借りることも考えた方が良いと思います。

リサイクルショップでは不要な物を買い取ってくれます。出張費と差し引くとほとんどプラスにはなりませんが、不要な物を引き取ってくれると考えれば御の字だと思います。

ただし、引き取りに数万円を要求する業者も中にはいます。頼む前には口コミなどを十分にリサーチして良心的な業者を見つけるようにして下さい^^

■さいごに

いかがでしたか?

引越しの予定が決まったら、毎日少しづつ整理しておくのがおすすめですが、時間がとれなくて、引っ越しをする時の荷造りを一晩でスムーズに行うには事前の準備が重要です^^

1LD程度の引っ越しだと、段ボール箱10〜15箱程度が目安です。

それぐらいの量だと一晩では難しいかもしれませんが、少ない量だと上手くやれば出来るかもしれません。

荷造り作業に使うダン段ボールや、紐、新聞紙等が揃っていると、すぐに荷造りに取りかかることができます。

時間がなくて大変かもしれませんが、無事間に合うよう頑張って下さい^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする