11ヶ月の赤ちゃん、ご飯の量や献立は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

赤ちゃんが11ヶ月くらいになると、授乳やミルクの回数、量も減り、離乳食からとる栄養が多くなります。

回数は離乳食3回、ミルク2回が目安とのことですが、個人差があるので子供の成長や個性に合わせてゆっくり進めていきましょう。9ヶ月を過ぎた辺りから粉ミルクからフォローアップミルクに変えたママさんも多いのではないでしょうか。

我が家の場合は、1才目前にしてミルクを全く受け付けなくなるというハプニングがありました。あんなに喜んで飲んでたミルクなのに。どうしたんだろう…育児にハプニングはつきものです。悩んでも仕方ない。飲まないものは飲まない。これも個性だと割りきって離乳食の回数を4回に小分けにし、スープやパンをミルクで煮たりと食事から十分な水分が取れるように工夫しました。

■11ヶ月の赤ちゃんのご飯の量や硬さの目安

11ヶ月くらいの赤ちゃんが食べる食べ物の硬さの大きな目安は歯茎でつぶせるくらい、簡単に表現するとバナナくらいの硬さだそうです。

野菜などもバナナくらいに柔らかく煮てあげましょう。肉や魚は小さくほぐしてあげればOKです。ご飯の硬さはこの月齢には5倍粥が勧められています。

少しドロッとした感じのお粥です。1回に食べる量としては子供用茶碗に軽く1杯くらいがよいそうです。

スポンサードリンク

■11ヶ月の赤ちゃんが食べやすいオススメの献立

この頃には離乳食を始めたばかりの5~6ヶ月とは違い食べられる食材も増え形や色を楽しむことができるようになります。

レトルト食品は便利ですがリゾット状で食材の形、色、匂い、食感をあまり楽しむことができません。楽しいお食事になるように11ヶ月の赤ちゃんが食べやすく、しかも栄養満点のおすすめメニューをご紹介します。

理想とする1回の食事
・子供用茶碗軽く一杯 (軟飯)またはパン半分
・野菜や果物 3~40g
・たんぱく質 下記のものからどれか1つでOK
肉または魚15g、 豆腐45g、卵半分、乳製品80g

上に書きました理想とする1回の食事を基本とした赤ちゃんが食べやすいオススメの献立を紹介します。1日3回のパターンです。なるべくママの負担を減らせるようにアレンジの効くものにします。

(献立)
◎朝起きたら野菜の水煮をつくる。
朝メニュー
・豆腐の野菜スープかけ
・くたくたバナナ
・軟飯
豆腐をサイコロの形に切ってゆでる。朝まとめて作っておいた野菜の水煮を味噌やコンソメで薄く味をつけて豆腐にかける。
耐熱皿にバナナを半分ちぎって5~600wで1分近く加熱しあら熱をとる。

昼メニュー
・白身魚の野菜スープかけ
・パン粥
骨がないことを確認し白身魚を茹であら熱が取れたら好きな味付けをした野菜の水煮をたっぷりかける。
耳をとった食パン半分を加熱した牛乳に入れ沸騰させる。

夜メニュー
・野菜スープと卵、豆腐を使ったお粥
・赤ちゃん用ヨーグルト
野菜の水煮の中に炊いたご飯、サイコロ状に切った豆腐、溶き卵半分を加え十分に加熱する。

野菜の水煮を朝から作るのが大変そうな時は、夜寝るときに炊飯器に水と人参、じゃがいも、玉ねぎなどを切ったものを入れてスイッチを押すと朝には柔らかく煮あがった水煮が完成しています。

大人用に取り分ければカレーや豚汁などになります。赤ちゃん用の調味料もたくさんでているので気分にいくつかストックしておけばレパートリーが増えるのでおすすめです。

もう1つまとめて作ると便利なものに、サツマイモやかぼちゃの水煮があります。サツマイモ、かぼちゃ、バナナは赤ちゃんがとても喜びます。甘味があるのでちょっとしたデザートにもなります。
かぼちゃのミルク煮やパン粥に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりといろいろアレンジが楽しめます。

いかがでしたか?まとめて朝に作っておけばいろいろアレンジできるし、また大人用にもアレンジできますので試して見てください。

食べることは身体だけでなく心の栄養や成長にもなりますので、ぜひママさんも楽しい気持ちで離乳食作りをされてくださいね!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする