飛行機への持ち込み禁止物!国内線では手荷物にこんな物が入っていたら要注意!

記事タイトル真下
スポンサードリンク

連休で国内旅行を予定していて、気になった事があります。飛行機内への持ち込みは、何はOKで、どんな物は禁止なのでしょうか??

調べてみると、注意が必要な物もあるため、絶対に大丈夫!と思っていても、手荷物検査で時間を取られる、または機内に持ち込めると思っていた物が持ち込めない、等の事態になる場合があるので、出発前に最終チェックをしましょう!

また、参考までに国際線で持ち込み禁止になっている物についてもまとめました^^

■見落としやすい飛行機への持ち込み禁止物!国内線で気をつけたい物

人を傷つけるおそれのある刃物や、スタンガンが持ち込み禁止なのは、すぐ分かりますよね。

まずは、はっきりと分かる持ち込み禁止物についてです。

【ナイフ類/ハサミ/先の尖ったもの/スタンガン】

これ以外に、ゴルフクラブや野球のバットのような物も凶器になるため持ち込み禁止です。傘や杖などは持ち込みOKです^^

では次に機内への持ち込みに注意がいる物について見てみましょう。

【ライター類/飲み物・酒類/化粧品類】

ライターの種類や、アルコール度数、容量によって持ち込み可能か不可が決まります、とは言っても、アルコール飲料を5リットル持ち込んだり、化粧水を1リットル持っていくなんことはないですよね。

スポンサードリンク

常識の範囲内であれば、危険物以外の液体はほぼ持ち込むことができます。

・ガスライター  1人につき1個まで
・葉巻用ライター 持ち込み禁止
・オイルライター(吸収剤つき) 1人につき1個まで
・オイルライター(吸収剤なし) 持ち込み禁止

・アルコール度数のあるもの
24%以下は持ち込み可能
70%以下は1人につき5リットルまで
70%以上は持ち込み禁止

・化粧品や医薬品
1容器あたり0.5キロあるいは0.5リットル以下であること。

持ち込めるのは1人あたり合計2キロか2リットル以下。

その他、女性ならヘアカーラーやドライヤー、ヘアアイロンなどを持ち込むつもりで荷物に入れているが多いのではないでしょうか?

これらは、ガス式やコンセント式のものは持ち込み可能です。充電式電池の場合は、取り外した状態にしておきましょう^^

■飛行機への持ち込み禁止物、国内線と国際線で違いがある?

イメージでは国際線の方が厳しい感じがするのですが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか?

国内線の場合は常識の範囲内であれば、たいていの食べ物や飲み物の持ち込みがOKであるのに対し、国際線は飲食物の持ち込みが厳しいです。

飲み物は1本あたり100ml以下で、複数持ち込む場合はジップロックのような開閉式の透明な袋(40ⅹ40cm)に入れること。1人1袋までとなっています。

それにしても1本あたり100ml以下ってかなり厳しいですよね^^;

食べ物についてはちょっと変わってるな、と感じました。水分を含む食べ物が持ち込み禁止になっているのです。一方で、水分を含まない食べ物はOK です。

(持ち込み禁止の食べ物)

ヨーグルト・ゼリー・ムース・アイス
漬け物
調味料
缶詰
レトルト
肉製品 など

■さいごに

いかがでしたか?

女性が国内線を利用する時はヘアアイロンやドライヤーに注意しましょう!飲食物や化粧水などは常識の範囲内であれば禁止になることはほぼないと思います。

それにしても、国際線になると飲食物の持ち込みがかなり厳しくなりますね^^;

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする