エアコンの真下にベッドを置いたり、寝るのを避けた方が良いのは何故?パソコンやテレビなどの電化製品の設置もダメ?

エアコン 健康

部屋の作りと、ベッドとの配置を考えた場合、エアコンの真下にベッドがくる場合があります。
何となく、ベッドの下に置いたり、寝るのは避けたほうが良いんじゃないかとも思いますが、、、そこで、この機会に調べる事にしました^^

また、エアコンの真下にパソコンやテレビ等の電化製品を置いても大丈夫なのかや、地震時の落下の可能性についても、あわせて調べました。

(今回調べた内容)

  • エアコンの真下にベッドを置いたり、寝るのを避けた方が良い理由
  • エアコンの真下に電化製品を置いてはダメな理由
  • エアコンが真下に落下する危険性はあるのかについて

エアコンの真下にベッドを置いたり、寝るのは避けた方が良い!

調べた結果、エアコンの真下にベッドを置いたり、寝るのは避けた方が良いようです。
なぜなら、エアコンの真下は、冷房時は気流の関係でほこりが集まりやすく、暖房時は温風が直撃して体調を崩しやすくなるからです。

冷房を使用した場合にベッドの真下で寝るのを避けた方が良い理由

冷房稼働時、エアコンの冷気は空気より重いので、上方向に向けるのが基本です。

そうする事で、冷気が部屋全体を循環して効率的に冷やします。理屈はよく分からなくても、何となくそうしていた方も多いでしょう。

冷房を使用する場合、エアコンの真下で寝る事と、冷房の冷気を上に向ける事は特に関係が無いようにも思えますが、実は関係があるのです。
上方向に向けられた冷気は、部屋の奥にあたり、下からエアコンに向かって返ってきます。

そうなると、必然的にエアコンの真下は、ほこりが溜まりやすくなります。
つまり、エアコンの真下で寝ると、冷気が循環する過程で集まったほこりを吸い込んでしまう恐れがあるんです^^;
もちろん、寝るときはマスクをして寝るわけではないはずなので、思いっきりほこりを吸ってしまいます。喉や肺など、身体への悪影響が出る恐れがあるので、エアコンの真下で寝るのはオススメ出来ません、、、。

暖房を使用した場合にベッドの真下で寝るのを避けた方が良い理由

続いて、暖房使用時にベッドの真下で寝るのを避けた方が良い理由についてです。

暖房稼働時に出る暖かい風は、冷気と違って下方向に向けることで、効率よく冷えた室内を暖めます。この場合、ベッドの真下で寝ると、その暖かい風が直撃するので、体調を崩しやすくなります。すぐに喉が乾燥してしまいそうですね^^;
その為、冷房使用時だけでなく、暖房稼働時も、ベッドの真下で寝ることは避けた方が良いでしょう。

なお、どうしても、エアコンの真下にベッドを置いて寝ざるを得ない場合は、下記のエアーウィングをエアコンに設置するという対処法もあります^^

エアコンの真下に電化製品(パソコン・テレビ・プリンター・冷蔵庫・扇風機など)を置いてはいけない?

続いて、エアコンの真下に、電化製品(パソコン・テレビ・プリンター・冷蔵庫・扇風機など)を置くのはどうでしょうか?
こちらも、結論としては設置するのは避けた方が良いでしょう。

何故なら、排水ホースが詰まった際、室内にあるエアコンから水漏れする場合があります。この時、エアコンの真下に電化製品があると、その電化製品が水に濡れて壊れてしまう場合があるからです。

冷房使用・暖房使用に関わりなく、エアコン稼働時は、外にある排水ホースから水が排出されます。しかし、何らかの原因で、排水ホースが詰まってしまう事が少なくありません。

排水ホースが詰まってしまうと、室内にあるエアコンから水が漏れてきます。
もしその時、エアコンの真下にパソコン・テレビ・プリンター・冷蔵庫・扇風機などの電化製品が置かれていると、故障してしまう恐れがあります^^;

場合によっては、火事の危険性もあり得ます。なので、エアコンの真下に、電化製品(パソコン・テレビ・プリンター・冷蔵庫・扇風機など)を置くのは避けましょう!

なお、部屋の作り上、エアコンの真下に電化製品を配置しないといけない場合は、エアコンから水漏れする可能性を極力低くするしかありません。
その為に出来ることは、

  1. こまめにエアコンのフィルターを清掃する
  2. 排水ホース(ドレンホース)の清掃をする

事が、効果的な対策です。

どちらも難しい作業ではないので、定期的に行うと良いでしょう^^

エアコンの真下にベッドを置いて寝たら地震時に頭の上に落下する危険性はある?

エアコンの真下にベッドを置いて寝ていた場合、地震時に頭の上に落下する危険性はあるのでしょうか?
この場合、エアコンの設置を、ちゃんとした業者さんで行っているのであれば、そう簡単には落下しません。

エアコンの重量は、30~40kgあるので、その重さを分かっている業者さんなら、落下した時の危険性を十分理解しています。

なので、設置の際、そのような事がないよう入念なチェックを行っていることでしょう。但し、「絶対落ちません!」とは言い切れない面もあるので、やはりエアコンの真下にベッドを置いて寝るのは、オススメ出来ないですね^^;

まとめ

エアコンの真下は、冷房時は気流の関係でほこりが集まりやすく、暖房時は温風が直撃して体調を崩しやすくなるので、エアコンの真下にベッドを置いて寝るのは避けましょう。
また、エアコンの真下に、電化製品(パソコン・テレビ・プリンター・冷蔵庫・扇風機など)を置くことも避けましょう。

排水ホースが詰まった際、室内にあるエアコンから水漏れする場合があります。もし、エアコンの真下に電化製品があると、その製品が水に濡れて壊れてしまう場合があるからです。

地震などでエアコンが落下する危険性は低いですが、必ず落ちないというわけではないので、やはりエアコンの真下で寝るのは避けた方が良いでしょう。

エアコンの下にタンスを置くと冷暖房機能の低下やタンスの劣化を招く?
エアコンの下に背の高いタンスを配置すると部屋全体がすっきりすることがありますよね。 でもエアコンの風が直接タンスの天井部分にあたるため、冷暖房機能の低下やタンスの劣化を招くとの噂を聞いたこともあります。 本当のと...
タイトルとURLをコピーしました