毛布を干す時間の目安は、時間帯や夏・冬で変わる?早く乾かす工夫は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

あっ!毛布におしっこが!(・ัω・ั)小さな子供や室内犬を飼っている家庭では、毛布におしっこは、あるあるです^^;

真夏日の日中だと、早く乾きますが、冬だとなかなか乾きませんよね~・・・実際に、夏と冬、また時間帯によって、毛布が乾くまでにどのくらい時間がかかるのでしょうか?(・ัω・ั)

その他、毛布を早く乾かす干し方の裏技や、外に干せない時の対策についても紹介します!

■毛布を洗濯して干す時間は時間帯、季節で変わる?早く乾かす干し方ってある?

毛布だけに限らず、洗濯物は3つの条件が揃うと乾きやすいです。

①気温が高い
②湿度が低い
③風が吹いている

つまり、洗濯物はカラリとした夏の日中が最も乾きやすく、冬の暗い時間帯は乾きにくいのです。

普通の衣類はカラッと晴れた日だと、乾くまでに夏は2〜3時間、冬は6時間程度かかります。

毛布は厚みがあるため、脱水をした状態で夏は1〜2日、冬は早くても3日はかかります。

夏でも、1日では芯まで完全に乾かないため、夜の湿気の影響を受けないよう、1度家に取り込んで翌朝また外に干す家庭もあるようなので、夏場でも毛布を完全に乾かすとなると1日では厳しいようですね、、、

スポンサードリンク

でもオススメの裏技があるんですよ(・ิω・ิ)キリッ

タオルを干すように毛布を干していませんか?これだと水分が外に逃げにくいです。
毛布の裾が三角形になるように干します。

さらに裾と裾が重ならないように左右にずらす!

ほんの少し干し方を工夫することで断然乾きが早くなります^^

早くなる理由は2つあります。

①裾に水分が集まり、脱水効果が高まる。
②左右にずらすことで毛布の裏側にも風が入る。

重ねて干すと、外側は乾いていても内側が濡れていることがよくあります。

■毛布を洗濯したけど、どうしても外に干せない場合はどうする?

室内に干す時は、室外に干す時と比べて、乾くまでに倍近く時間がかかります。

どうしても外に干せない時の対策は2つあります。

①コインランドリーの乾燥機
毛布は場所を取ります(・ัω・ั)
さっさと乾かしてしまいたい時はコインランドリーの乾燥機を利用するのがおすすめです。

家庭用と異なり70℃以上の熱で一気に毛布を乾かしてくれます。
乾いたバスタオルも1枚一緒に入れておくとさらに乾きが早くなります(^^)v

②扇風機
コインランドリーに行くのめんどくさい…というあなたは室内で干す時も先ほど紹介した裾が三角形になるように干してください。

さらに扇風機を回し、水分が蒸発するのを助けると乾くのを早くできますよ^^

■さいごに

いかがでしたか?

毛布は完全に乾かすには夏でも1日以上はかかってしまいます。早く乾かしたい時は裾を三角形になるように干してくださいね。

天気が悪くて外に干せない場合は、コインランドリーで乾いたタオルと一緒に回すか、扇風機の風を当てながら乾かすと良いですよ^^

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする