電気ストーブで部屋全体を暖める方法はある?トータルで考えるとエアコン使用の方がいい?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

電気ストーブは近くにいるととても暖かいですね!

スイッチを押せばすぐに電気で暖かくなるのもメリットだと思います。

ただ、寒い日は電気ストーブの前から動けなくなるかも(>ω<)

電気ストーブは、ピンポイントや4.5畳くらいの広さなら電気ストーブでも十分ですが、ワンルームの部屋全体を暖める力は弱いんですよね…

あまり全体を暖める能力は高くない電気ストーブで、部屋全体を暖める方法はあるのでしょうか?

また、これから電気ストーブやエアコンの購入を検討しようとしている方に向けて、本体や電気代を考えるとコスパが良いのはどちらかについてまとめてみました!

■電気ストーブで部屋全体を暖める方法は?他の暖房器具より電気代は抑えられる?

電気ストーブは、部屋や身体の一部を暖める暖房器具です。ホットカーペットやコタツも同様の目的で使われますね。

書斎や4.5畳くらいの狭い部屋ですき間風が入らないよう気をつければ、電気ストーブでも十分です。でも、長時間使うとなると電気代が高くつくためご注意ください(>ω<)

代表的な暖房器具の1時間あたりにかかる電気代を調べました。
※メーカーや年式により違いがあるためあくまで目安です。

・エアコン約13.5円
・石油ストーブ約21.8円
・電気ストーブ約17.8円
・コタツ約5.1円

個人的には、コタツの電気代がかなり安いことに驚きましたΣ(゚Д゚)

1番コスパが悪いと思ったのは石油ストーブです。電気代が高いだけでなく、定期的に給油しないといけないからです。

ここまでで、電気ストーブは電気代の面でみると、他の暖房器具と比べて特段安いということはありませんね^^;

スポンサードリンク

■購入費用、ランニングコスト、暖め能力のトータルで考えると、電気ストーブは適切?エアコンと比較したらどう?

エアコンの場合、はじめは室内の温度を上げるため電気をたくさん必要としますが、一度室内が暖まればその後の電気代は安くなります。

また設定温度を20度にしたり、最新式のエアコンにすると、電気代を安く抑えることができます。なので、トータルで考えると電気ストーブの方が、エアコンより電気代はかかってしまいます。

ここで、エアコンと電気ストーブの特徴をまとめました^^

(エアコン)
・部屋全体を暖めるのに適している。
・本体価格の相場6畳サイズ約35,000〜65,000円
・取り付けを頼む時の費用の相場約8,000〜12,000円

(電気ストーブ)
・狭い部屋やピンポイントで暖めるのに適している。
・本体価格の相場約10,000〜20,000円

エアコンは夏にも必要になるものなので本体は高いですが、購入して損することはないと思います^^

関連:暖房を20度にした場合の電気代はいくらぐらい?設定温度の目安や、無駄なく部屋を暖めるコツは?

■さいごに

いかがでしたか?

電気ストーブは部屋や身体を部分的に暖める暖房器具です。

部屋全体を暖めようとすると、電気代がかなり高くなってしまいます(>ω<)

夏の冷房機能のことも考えると、エアコンを購入した方がコスパは良いなと感じました。

最近のエアコンは性能が良く昔のものより電気代がかなり節約できるのでオススメです!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする