雪道を自転車で走るのは違反になる、ならない?罰金やデメリットは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

雪が積もるくらいに降っている日は、道路がツルっと滑りやすくなっています。
そんな中、自転車で雪道を走ると、走行中に転んで後続車に引かれてしまう危険性もありえます(>ω<)

逆に、自分が原因で、他人に怪我をさせる可能性もありますよね、できれば雪道は自分のためにも、他人のためにも自転車に乗らない方が良いのですが、、、、。

また、『そもそも自転車で雪道を走行するのは交通違反で罰金が課されるんだよ』と聞いた事がありますし、「自転車で雪道を走っても交通違反ではないよ」とも聞いた事があります^^;一体どちらが本当なのでしょうか?

■雪道を自転車で走ると違反になる?走るのを避けるべき理由とは?

結論から言うと、雪道で自転車を走ることは道路交通法上では違反ではありません。

ただし、地域によっては「積雪時車両は滑り止め装置を装着しなければならない」といった趣旨の条例が定められている場合があります。雪道での走行自体を、禁止している自治体もあるかもしれません。

雪が毎年降るような地域のほとんどが、雪道での自転車走行になんらかの条例を定めてるようです。

スポンサードリンク

私が住んでいる地域はめったに雪が降りません。条例を調べたところ自転車の規制はありませんでした。

雪道での自転車走行について制限条例のある地域では、チェーンやスノースパイク、雪用タイヤなどの装備を行っていれば条例違反とはなりません。

これらの装備を怠ると口頭で警察官などから注意を受けることがあります。
なお、自転車の場合、罰金刑はないようです。

■どうしても雪道を自転車で走らないといけない場合、どんな事に気をつける?

雪道の自転車走行は危険だらけです。
積もった雪を分けて端に寄せているため、歩道も車道もいつもより道幅が狭くなっています。

水たまりに見えた場所は凍っているかもしれません。車を運転している人から見ると、雪道を自転車で走行している人はまさに恐怖そのものです(-.-;)

アイスバーンでツルリと車道に飛び出してくる可能性がありますからね。実際に死亡事故も過去に起きています。こんな危険な雪道を何の対策もせず自転車で走行するのは大変危険なので、止めましょう!

どうしても乗らなければならない時は、滑り止め対策をしっかり行う必要があります。
雪道での自転車走行で、必ずしなければならないのはタイヤの滑り止め対策です。
スパイクタイヤがオススメです(^^)

⇒楽天市場でスパイクタイヤを確認

普通のタイヤの自転車なら、恐る恐る前に進まないといけないような凍結道路も、スパイクタイヤならそう簡単には滑りません^^

他にも、結束バンドをスパイクタイヤの代用にするという話を聞いたことがあります。
タイヤに等間隔で結束バンドを取り付け余分な部分をカットするそうです。

100均を利用すれば数百円しかかかりませんが・・・この方法は、雪道を走行するには不安があるので、おすすめは出来ません^^;

関連:タイヤチェーンは雪のない道で使っても問題なし!?チェーンを素早くつけるコツや雪道走行時の注意点は?

■さいごに

いかがでしたか?

雪道で自転車に乗る場合は大変滑りやすいです。

滑り止めが条例により義務付けられていない地域でも、乗る時にはスパイクタイヤなどでしっかり装備をしましょう。

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする