忌中にデートに行くのは非常識?行ってはいけない理由は?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

気になる彼と二週間後にデートの約束をしていたところ、祖母が亡くなったとの連絡が…

四十九日を過ぎるまでは忌中になるから、デートには行っては行けないのかな?と、あなたの心は揺れ動いているのではないでしょうか?

『おばあちゃんが亡くなったから、四十九日の法要が終わるまではプライベートな外出は控えるべきだよね、、、でも、気になる彼とやっとの思いでこぎつけたデート。もしデートをキャンセルしたら次はもうないかも(>ω<)』

という事を、考えてしまうと思います^^;

忌中にデートに行くのは非常識なのか?なぜ行ってはいけないのか?気になる疑問にお答えします。

■忌中にデートに行くのは絶対にダメ?行ってはいけないのは何故?

忌中も喪中もどちらも、身内が亡くなった時に外出やお祝い事などを控える期間であると考えられています。

でも忌中は四十九日間、喪中は一年間とされているため忌中の方がより厳しく身を慎むべきだと考える人が多いです。

忌中はしてはならない期間で、喪中は控えた方が良い期間と考えると分かりやすいと思います。1年間デートに行くなとは言いませんが、やはり四十九日の法要が終わるまではデートは慎むべきだと思います。

デート以外にも、忌中の期間は結婚式やコンサート、旅行などは控えるのが常識です。
忌中を過ぎると比較的自由に過ごしても良いため、つらいところですが、デートはキャンセルするのをおすすめします。

キャンセルする時に、相手にドタキャンだと思われないよう、四十九日を過ぎるまではデートは控えます、ゴメンナサイ。と伝えた方が良いでしょう。

また、四十九日過ぎるのが、いつ頃かも具体的に伝えておくと、その後の予定を相談しやすくなるでしょう。

なお、忌中であることを話した上でデートをキャンセルしたのに、相手が理解してくれないなら、その相手と今後上手くはいかない可能性が高いと思います^^;

一般常識がなく自分中心な感じがしますね(・ัω・ั)あなたはそんな男性をどう思いますか?私は遠慮したいです…

■忌中にデートに行くかどうかは故人への思い入れの度合いで変わってくる?

さて大好きだった身近な人が亡くなった場合は、自然とデートに行く気にもならないと思います。

でも、遠方に住んでいた身内や、ほとんど会ったことがない等、思い入れがあまりない場合もあると思います。

亡くなった相手への思い入れがそこまでないと、正直デートを優先したいという気持ちの方が勝ってしまいますよね(>ω<)

ただ、忌中は死は汚れたものであるという考えに基づいたものです。四十九日の法要を終えるまでは外出やお祝い事は避け、自宅にいるのが良いとされています。

自宅から出るなとは言いませんが、忌中の期間は思い入れの深さには関係なくデートは控えるようにしましょう。

■さいごに

いかがでしたか?

喪中の一年に比べて、忌中は四十九日と短いので、忌中の場合は、故人のことを偲んで外出やお祝い事などを控えるべきだと考える人が多いです。

なので、せめて四十九日が終わるまではデートは控える方が良いでしょう。気になる彼とのデートは残念ですが、忌中の間は断る事が正しい選択かと思います。

もし、忌中を理由にデートをキャンセルして嫌な顔をするような相手だと、今後のお付き合いを考え直した方がいいかもしれません^^;

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする