黒豆は圧力鍋を使えば水に戻さないでも美味しく作れる!?時短のコツは?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

黒豆は、昔ながらの調理方法通りの鍋で炊き上げるのは、手間暇がかかります。
水戻しに最低でも5時間以上、その後弱火でコトコト5〜6時間煮込みます^^;

手間暇かけた分ふっくらツヤツヤに炊き上がりますが、、、忙しい現代人には時間がかかりすぎです(>ω<)もっと手軽に作れる方法はないのでしょうか!?

圧力鍋で作る場合でも火にかけるのは10分程度でOKですが、水戻しにはやはり5時間以上かけるのが普通でした。

ところが最近では水戻しなし、つけおきなしで黒豆を煮ることができるそうなんですΣ(゚Д゚)しかも、美味しく炊き上げるそうです。

水戻しつけおきなしで黒豆を即炊き上げるレシピや、美味しく炊き上げるコツをご紹介します!

■黒豆は圧力鍋を使えば水戻し、つけおきなしでもOK?

水戻し、つけおきなしで黒豆がすぐに炊ける圧力鍋を使った黒豆レシピをご紹介します。

(材料)
黒豆 125g
水 500cc
塩 小さじ1/2
三温糖 70g
錆びた鉄釘 数本

①圧力鍋に黒豆と水、錆びた鉄釘数本を入れ12分間加熱します。
錆びた鉄釘を入れるのは黒豆をより黒く炊き上げるためです。
ツヤツヤしている黒豆は美味しそうですもんね〜^^

圧力鍋が冷めるまで待ちます。すぐに蓋を開けると火傷する危険があるからです。

②蓋を開け塩と三温糖を加え5分間加熱します。
再び圧力鍋が冷めるまで待ちます。

③圧力鍋の蓋を開けた状態で5分間煮詰めます。

④もっと柔らかくしたいとか甘くしたいと感じたら別鍋に移し、蜂蜜を加え煮詰めましょう。
蜂蜜を加えることで、ツヤツヤで優しい甘みがある黒豆に仕上がります^^

■黒豆の調理を圧力鍋で時短するコツは?

スポンサードリンク

黒豆の調理は圧力鍋を使うと時短になります。ただし、圧力鍋は取り扱いに注意が必要な調理器具です。用法をしっかり守ることが美味しい黒豆を炊き上げるコツです。

☆圧力鍋に重曹は入れない。
重曹を入れると蒸気口が詰まり吹きこぼれる危険があります。

☆錆びた鉄釘はキッチンペーパーまたは清潔な布でくるみタコ糸などで縛って入れましょう。
怪我をしないためです。

☆黒豆はゴシゴシ洗わずサッと洗う程度でOK!
強く洗うと黒豆の皮に傷が入り炊き上がった時に皮が破れやすくなります(>ω<)

☆説明書に記載されている豆類を煮る時の豆類と水の分量を守る。
意外と少なく規定されています。分量より多いと吹きこぼれて火傷の可能性があります。

関連:黒豆を圧力鍋で調理中に吹きこぼれが発生!原因や対策は?

関連:黒豆が固い場合の煮直し法は?諦める前に試して下さい!

■さいごに

いかがでしたか?

圧力鍋を使えば水戻しなしで黒豆を美味しく炊き上げることができます。
圧力鍋は時短できて大変便利ですが、使用上の注意を守り調理するようにしましょう!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする