きな粉が賞味期限切れから3年過ぎてても未開封なら大丈夫?食べる以外の使い道はある?

料理・食品

冷蔵庫を整理していると、奥の方からきなこが出てきました。賞味期限を確認すると既に賞味期限切れしていて、3年経過していました^^;

このきなこ、開封済みであれば、さすがにダメでしょうが、、、、未開封だったので「もしかしていけるんじゃないかな?」と思い、気になりました。

そこで今回、きな粉は、

  • 賞味期限切れから3年過ぎていても、未開封であれば食べても大丈夫なのか
  • 食べられない場合だとその他の使い道がないか

を、調べました!

きな粉が賞味期限切れから3年過ぎていても未開封なら食べられる?

きなこが賞味期限から3年過ぎていた場合でも、未開封なら食べられるのかどうか調べたところ、、、さすがにちょっと厳しいかなと思いました^^;

なぜなら、きな粉の袋が、未開封だとした場合でも、きな粉の中で粉ダニが発生している可能性があるからです。

通常、きな粉の賞味期限は、期限内で未開封の状態であれば、粉ダニが発生する可能性はかなり低いです。その期限内であれば、粉ダニが発生しないのを見越して設定されているからです。

ですが、賞味期限を3年も過ぎてしまっていれば、たとえ、きなこ自体が腐ったりしていなくても、粉ダニを口にして身体の中入れるのは抵抗がありますね^^;
なので、賞味期限が切れて3年経過したきなこのを食べるのは避けた方が良いでしょう!

きな粉の賞味期限切れが、比較的短期(2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月、半年、1年、2年)の場合はどうする?腐っていないかの判断ポイント

ところで、きな粉の賞味期限切れから、3年経過とは言わないまでも、比較的短期(2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月、半年、1年、2年)の期限切れであった場合はどうでしょうか?
食べても大丈夫なのでしょうか?

きな粉自体が乾燥しているので、保管場所が冷蔵庫や冷暗所であれば、いけそうな気がしなくもないですが、、、。
結論を先にいうと「賞味期限切れしていても食べられるかどうかの判断ポイントを確認して、自己責任で判断する」となります。

そもそも、賞味期限とは、生産メーカーが「この期限内は風味を損なわず美味しく食べられますよ」と示した期限です。

その賞味期限の期間を過ぎたからといって、「この商品は腐っているので、食べてはいけません」という意味ではありません。
なので、(あくまでも自己責任ですが)きな粉が賞味期限を過ぎていても、食べられる余地はあります。

では、きな粉が賞味期限切れしていても食べられるかどうかの判断ポイント確認しましょう。

  • きな粉が乾燥して、サラサラの状態のままかどうか?(しけっていないか?)
  • きな粉が一部(または全部)に変色が見られないか?
  • きな粉からいつもと違う匂い(異臭)がしていないか?

上記の各判断ポイントを確認して、特に異常が見られなければ賞味期限切れしたきな粉でも、食べられる可能性はあります。
ただし!あくまでも目安なので、口にするかの最終判断はご自身で行ってください。

きな粉が賞味期限切れした場合に食べる以外の使い道は?

きな粉が賞味期限切れしたので、食べるのを諦めた場合、勿体ないので、何か他の使い道がないか考えました。
きな粉の成分は大豆なので、豆腐と同じくタンパク質が豊富です。

家庭菜園または観葉植物を育てているのであれば、肥料として使うのも選択肢としてありかと思いましたが、、、、タンパク質が家庭菜園または観葉植物の成長に効果があるという、情報は見つかりませんでしたm(__)m

また、きな粉を手に適量とり、洗顔パックという使い道も考えましたが、、、粉ダニが発生している可能性を考えると、見送りですね。笑

まとめ

きな粉が賞味期限切れから3年過ぎていた場合、たとえ未開封だとしても、きな粉の袋中で粉ダニが発生している可能性があるので、食べるのはお勧めできません。

また、賞味期限が3年より比較的短い期間経過の場合だと、きなこが乾燥をして、さらさらの状態のままかどうか、きな粉から変色や異臭はしていないかを、確認してみましょう。

上記のポイントで特に異常が見られなければ、賞味期限切れしたきな粉でも食べられる可能性はあります。但し、あくまで目安なので最終的には自己判断でお願いしますね^^

タイトルとURLをコピーしました