乾燥パスタは賞味期限切れから3年でも未開封なら大丈夫?開封後はいつまでもつ?

料理・食品

乾燥パスタは、茹でるだけで手軽に使えて、美味しい食べられるので、重宝しています。食費の節約にも適しているので、昔一人暮らししていた時は、よくお世話になったものです^^

さて、そんな乾燥パスタを大量に買い込んで保管していると、未開封のままその存在を忘れ、食器棚の奥に隠れてしまっていた、、、なんてこと、少なくないようです^^;

実家でも先日、パスタが賞味期限切れして、3年経過したものが結構多めにで出てきたそうです、、、。

そこで今回は、乾燥パスタは、

  • 賞味期限切れから3年でも未開封なら大丈夫なのか
  • 開封後はいつまでもつのか

などを調べてみました^^

乾燥パスタは賞味期限切れから3年でも未開封なら大丈夫?1年・2年・5年・10年だとどう?

乾燥パスタは賞味期限切れから3年経過していても、保存が適切な方法で行われていて、未開封であれば、食べられる余地があるようです。

その理由として、パスタ自体が乾燥していので、パスタを腐らせる菌が繁殖する可能性が低く、油も含んでいないので、酸化の心配が低いから、というのが理由です。

逆に、パスタの表面に白カビや黒カビ、緑カビ等が見られる場合は、何らかの理由でパスタに水分が付着し、その水分から菌が繁殖しているので、食べられません。パスタ表面が変色していたり、くすみが見られたりする場合も、何らかの理由で異常が起きているので、食べるのは控えましょう。

なので、パスタが賞味期限切れしていて、食べられるかどうか迷った時は、パスタ表面をよく観察して判断するようにします。

また、過去に10年経過した乾麺を調べた結果、食べても問題ない、との調査結果が出た事もあるようです。(出典:木下製粉株式会社HP  10年を経過した乾麺は食べられるか?)

言い換えると、パスタが賞味期限切れから、1年・2年・3年経過していても、更に5年・10年と長期間経っていても、未開封&保存状態次第では食べられる、ということになります。まさに、パスタは保存食の代表とも言えますね^^

乾燥パスタ(未開封)を長期保存する為の保管方法

賞味期限はあくまで生産メーカーが「この商品は●●までなら美味しく食べられることを保証します」という期限なので、「この期限を過ぎたら、たべてはいけません!」ではないので、保管方法が適切なら、その期間を過ぎても大丈夫です。

では、乾燥パスタを長期保存する方法を確認しましょう。

パスタはもともと長期保存に向いているので、未開封状態での賞味期限は3年に設定されいる事が多いようです。

長期保存をするポイントは2つです。

  1. 未開封のまま密閉容器に入れる
  2. 常温保存でも良いが、高温や多湿、直射日光があたる場所に保管しない

未開封のまま密閉容器に入れる

パスタの袋は未開封とはいっても、目には見えない、小さな穴が開いている事もあります。

なので、完全に密閉されているわけではないので、袋をあけずに、袋ごと密閉容器に入れます。

密閉容器に入れる理由は、空気中の水分(湿気)をパスタが取り込んでしまうのを防ぐ為と、後ほど説明するダニの侵入防止です。

常温保存でも良いが、高温や多湿、直射日光があたる場所に保管しない

いくら密閉容器に入れて、保管していても、高温多湿、直射日光が当たる場所に保管していては、パスタが劣化してしまいます。

場合によっては、賞味期限内でもダメになってしまう可能性すら出てきます^^:

その為、このような環境化での保管は避けましょう。

乾燥パスタは未開封でもダニが発生することがある?

パスタの発する匂いに誘われて、ダニがパスタにつくことがあります。

パスタ袋に目には見えない小さな穴が開いていると、そこから匂いを発しますし、ダニの侵入を許してしまう(=ダニの発生)事になるのです^^:

それを防止する為、パスタを未開封でも袋のまま密閉容器に入れるのをオススメしています。

ダニが気になるようでしたら、密閉容器に入れた後、冷蔵庫に保管しても良いでしょう。

なお、「未開封でもダニが侵入する事があるのは分かった。でも、パスタは使用する時に茹でるから、ダニはいなくなるんじゃない?」という意見もあるでしょう。

確かに、ダニは死滅するかもしれませんが、体内ダニをいれてしまうと、アレルギー発症の原因になることもあるそうなので、身体の中に入れる事は避けるべきです^^;(出典:京浜保健衛生協会)

もちろん、ダニの死骸を口にするのは抵抗があります。私は、ダニの死骸入りパスタを口にするのは絶対無理です、、、苦笑

乾燥パスタの開封後の保存方法と賞味期限

続いて、乾燥パスタの開封後の保存方法や賞味期限についてです。

パスタ開封後の保存は、未開封の時と同じく、密閉容器に入れて、高温多湿を避け、常温または冷蔵庫などの冷暗所保管でOKです。

ただ、一度開封したパスタは、空気に完全に触れていますし、パスタが湿気を吸っていることもあるので、賞味期限がまだまだ先だとしても、1・2ヶ月を目安に食べ切る方が良いでしょう。

なお、開封後のパスタには、シリカゲルなどの乾燥剤を入れておくと、乾燥させられるのでオススメです。

まとめ

乾燥パスタは、賞味期限が3年経過していても、未開封かつ適切な方法で保存されていたら、食べられる余地があります。

逆に、パスタ表面にカビが発生していたり、パスタにくすみ等の変色が見られる場合、食べるのは控えましょう。

なお、パスタを長期保存するための対策として、未開封の状態でも袋ごと密閉容器に入れる事、高温・多湿の場所や、直射日光が当たる場所に保管しないようにしましょう。

これらの対策をしていると、賞味期限を過ぎていても、食べられる余地があります。

また、未開封でも、パスタ内にダニが発生する場合があるので、基本的には袋ごと密閉容器に入れて、保管する事をオススメします。

タイトルとURLをコピーしました