チョコを湯煎しても溶けない、、、失敗したらどうしたら良い?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

チョコといえばバレンタイン!ですが、、、バレンタイン以外でもチョコを使ってお菓子を作る人はたくさんいます。

そして、チョコを使うときに欠かせないのが湯煎ですね。

でも、湯煎しても溶けない、むしろ固まっちゃうという経験、ありませんか?^^;

そんな、湯煎しても溶けずに失敗したというとき、どうしたらいいのかをお教えいたします!

■チョコを湯煎しても溶けない時の対処の方法は?

湯煎しても溶けない理由はいくつかあるのですが、主に次の3つが考えられます。

1. チョコに水分が入ってしまった。

特に水分に関しては、よくある失敗なのに対処しにくい、という問題があります。

私もチョコを溶かすときに失敗したことがあるのですが、

チョコを入れているボウルに少しお湯が入っただけで、びっくりするほど固くなって全く溶けなくなりました。水分には本当に気を付けないといけませんね。

ただ、これは一度入ってしまうと取り除きにくいので対処が難しいですが、

全くないわけではありません。

例えば、チョコを混ぜているときにお湯が入ったとします。

少量であればその部分をチョコごとスプーンで取り除くといった方法もありますが、

混ぜているときに入ると一緒に混ぜ込んでしまいますよね。

一番効果的なのは、さらに溶かすチョコを増やして水分の比率を下げることです。

また、温めた生クリームを混ぜて生チョコにするといった方法もあります。

スポンサードリンク

2. 湯煎の温度が高すぎる。

湯煎の温度が高すぎるときもチョコは溶けません。

温度が高いと早く溶けるんじゃ?と思われることが多いのですが、それは違います。

高すぎるとチョコの油分が分離して固まってしまいます。

チョコが溶ける丁度いい温度があるので、低すぎず高すぎず、その温度を維持することが大切です。

チョコにも種類があるので湯煎の温度はそれぞれ異なる場合もありますが、

ほとんどの場合50度前後が丁度いいとされています。

3. 混ぜるタイミングが早すぎる。

湯煎にかけてすぐには混ぜないようにしましょう。

混ぜすぎるのもよくありませんね。

少し溶けだしてきたかなってぐらいにゆっくり混ぜていきます。

チョコって意外とデリケートなので、溶かすだけでも慎重さが必要です。

■チョコの湯煎で簡単に出来るやり方は?

チョコの湯煎といったらお鍋にボウル!だけではありません。

お鍋やボウルの大きさを吟味することもなく、

しかもお湯が入ったりチョコが焦げ付いたりする心配もない方法があるのです。

それは、ジップロックです!それでは簡単に説明いたします。

1. チョコを刻んで下準備をします。

刻むときは溶けやすいよう均等になるようにしましょう。

2. チョコをジップロックに入れ空気を抜いた後、お湯を沸かします。

水の量はチョコがつかる程度です。

3. お湯が50度前後になったらジップロックをつけ、そのあとは取り出しながら様子を見ます。揉みながら様子を見ることも忘れずに。

4. 完全に溶けたら終了です。

ジップロックの先をカットすると絞り袋にもなるので、

カップチョコを作るときにはとても便利です^^

■まとめ

チョコを湯煎しても溶けないときは、お湯が入ってしまったかどうか、

温度は適切かどうか、タイミングは早くないかどうかの3つが考えられます。

その対処法として、お湯が入った場合はチョコをさらに増やすか、

温めた生クリームを入れます。温度は50度前後を維持して、

チョコが溶けだしてからゆっくり混ぜていきます。

チョコの湯煎で簡単にできるやり方は、ジップロックを使うやり方です。

チョコを溶かすのって案外難しいですが、美味しく作れるようにぜひ試してみてください^^

こちらもどうぞ^^

どうして??チョコが湯煎後に入れた牛乳で、固まるのは何故?元に戻すには?

美味しくなる秘訣?生チョコに水あめを入れる理由は?はちみつでも良い?

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする