アイスの賞味期限は10 年でも短過ぎる?外箱に霜がついていたら危ない?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

冷凍庫の中を片付けしていたら、10年前に製造されたアイスを見つけました。

「アイスに賞味期限はない」という噂を聞いた事があります。流石に10年前のものを食べる事はできないだろう、とは思いますが、もしアイスに賞味期限は関係なくて、10年前のものでも食べられるとしたら、、、、なぜなのか気になりますね^^

また、「アイスの外箱に霜がついていたら一度溶けた形跡があるから、長持ちしない」という話しも聞いた事があります。この場合、中のアイスは腐っているのでしょうか?

アイスの賞味期限についてまとめました^^

■アイスの賞味期限は10 年以上!?品質や味は大丈夫?外箱に霜がついていると危ない?

ズバリ結論から言うとアイスには賞味期限がありません。というか、そもそも定められていません。極端な話し、10年以上昔に買ったアイスでも食べることは出来きます!

ただし、条件があります。「−18℃以下でしっかり冷凍保存していた場合」に限ります。

しっかり、−18℃以下で保存されていたら、10年経過しても細菌が増えないそうです。
なので、食べても問題ないそうです。

・・・けれども、美味しく食べられるかは保障出来ません。風味が落ちている可能性はありますが^^;

それにしても、10年前のアイスを冷凍室で発見してもなかなか食べる勇気が出ませんよね^^;

ネット上の書き込みで、実際に食べた人が「アイスに冷凍室の臭いが移ってなんか不味かった」と書かれていましたが、口にしようとする勇気にあっぱれです。笑

アイスに品質には問題がなくても、やはり味には変化があるということでしょうね (-.-;)

さて、もうひとつの「アイスの外箱に霜がついていたら一度溶けた形跡があるから、長持ちしない」についてですが、アイスの外箱に霜がついたら腐っているのかという疑問についてです。

結論から言うと、腐ってはいませんが不味い可能性があります^^;

スポンサードリンク

冷凍室は何度も開け閉めしますよね。その度に、「少し溶ける→再び凍る」を繰り返しています。その形跡が、外箱についたあの霜です。

アイス自体も、ちょっと溶ける→再び凍るを繰り返すため、滑らかさが売りのアイスも表面がシャリシャリしてしまいます。

その結果、あれっ!?いつも食べてるアイスと違う。やばいかも…という発想につながっているようです^^;

なので、勝ってきたアイスは賞味期限がないからと長期保存するのではなく、早めに食べてしまった方が美味しく食べられますね^^

■アイスの賞味期限は食べかけでも冷凍されていたら問題ない?

さて、コストコなんかで売られている大容量のアイス、皆さんどうしてますか?

直接スプーンで食べた場合は、アイスに唾液がついてしまうので、賞味期限は短くなるのは分かりますが、綺麗なスプーンでアイスをすくって、別皿に取り分けて食べた場合はどうでしょうか?

この場合は、唾液がついていないからもしかしたら未開封のアイスと同様に10年以上もつのでしょうか?

リサーチしたところ、開封後のアイスは表面がシャリシャリしやすく、味も風味もどんどん損なわれていくそうです。

なので、開封後のアイスはなるべく早目に食べてしまうのが美味しく食べる秘訣のようですね(๑´ڡ`๑)

※マメ情報として、アイスをすくった後は平らにならしておいた方が美味しいそうですよ^^

■さいごに

いかがでしたか?

未開封のアイスならきちんと−18℃以下で保存出来れば、賞味期限は関係なくなり、10年以上もつという噂は本当でした^^

ただ、味の保障はない、とのことで食べるのはかなり勇気が入りますね^^;

また、アイスの外箱に霜がついていた場合は「ちょっと溶ける→再冷凍」をした形跡なので、あまり長く保管せずに早めに食べきる事をおすすめします!

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする