離乳食であげるほうれん草のアク抜きはいつまでしたら良い?水にさらす時間はどれぐらい?

記事タイトル真下
スポンサードリンク

ほうれん草は栄養がある事から、離乳食として奨められていますね。ただ、ほうれん草はアクが強い野菜としても有名です^^;

赤ちゃんにほうれん草を食べさせる時は、お腹を壊したりしないか心配ですよね(>ω<)
離乳食であげるほうれん草のアク抜きはいつまでしたら良いのでしょうか(?_?)

もしアク抜きを忘れたら、どのようことが起きる可能性があるのでしょうか?

離乳食でほうれん草をあげる時に、なぜアク抜きが必要なのかについて考えていきたいと思います(^^)

■離乳食であげるほうれん草のアク抜きはいつまでしたら良い?忘れたらお腹を壊したりするの?

ほうれん草のアクのもとになっているのはシュウ酸です。苦味やえぐみだけでなく尿路結石などを引き起こしかねない厄介なものです(>ω<)

大人でもアクは抜いてから食べた方が良いです。そんなほうれん草のアクを抜かずに、離乳食に使うのは絶対にNGです。

シュウ酸は加熱して水にさらすことで取り除くことが出来ます。なので、必ずほうれん草のアク抜きはするようにしましょう(^^)

アク抜きをしないほうれん草を赤ちゃんが食べると、消化器官に負担がかかり下痢や嘔吐してしまうことがあります^^;

また、ほうれん草のアクは、えぐみや苦味が強いため、赤ちゃんが野菜を嫌って頑として野菜を食べなくなる可能性もあります^^;

他にも、ほうれん草については注意点があります。

アク抜きとは関係なく、ほうれん草そのものにアレルギーのある赤ちゃんがまれにいます。
下痢や嘔吐などがある場合は念のため小児科を受診しましょう。

スポンサードリンク

■離乳食であげるほうれん草を水にさらす時間はどれぐらい?レンジでやってもいい?

ほうれん草は加熱し、その後、冷水に5分以上さらすことでアクを取り除くことが出来ます。

加熱の仕方ですが、鍋で茹でても、レンジで加熱してもどちらでも大丈夫です。
加熱後に水に5分以上さらすことでアクを取り除くことが出来ます。

ほうれん草は農薬がつきやすいので、農薬を取り除くという意味においても水にさらすのを忘れないようにしましょう!

鍋でアク抜きをする時はぐらぐらお湯が沸騰してから茹でます。茎の部分は繊維が多いため葉っぱの部分を使いましょう。しっかり茹でたら冷水にとり、5分以上さらします。

レンジで加熱する場合は、ほうれん草を水洗いし水のついた状態で耐熱容器に入れ、ラップをふんわりかけて30秒ずつ様子を見ながら加熱します。

くたくたになったら冷水にとり5分以上水にさらします。

■さいごに

いかがでしたか?

ほうれん草は栄養価のある野菜ですが、アクが強いため離乳食に使う時は必ず加熱+水にさらすことでアク抜きを行いましょう(^^)/

アク抜きの一手間を惜しむと赤ちゃんがお腹を壊したり嘔吐する場合見あるため、十分にお気をつけくださいね(>ω<)

記事下
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする